top of page
検索
  • sou takahashi

特定技能外国人の車免許切り替えの具体的な手続きと注意点

更新日:6月21日


日本で働く特定技能外国人にとって、車の免許を取得することは重要なステップです。特に、外国で取得した運転免許を日本の免許に切り替えることは、多くの特定技能外国人にとって必要な手続きとなります。しかし、このプロセスは複雑で時間がかかることが多く、正確な情報と準備が欠かせません。


本記事では、特定技能外国人が車の免許を切り替えるための具体的な手順や必要書類、試験のポイントについて詳しく解説します。さらに、各国の免許証の手続きや、企業がどのようにサポートできるかについても触れています。これらの情報を活用することで、スムーズに免許の切り替えを行い、安全に運転できる環境を整えましょう。




1. 特定技能免許切り替えの条件と方法



1.1 書類審査と適性検査の手順


外国免許を日本の免許に切り替えるための最初のステップは、書類審査と適性検査です。これらの手続きは、外国免許の有効性を確認し、運転者が日本の交通環境で安全に運転できるかどうかを判断するために行われます。


まず、書類審査では以下の書類を提出する必要があります。外国免許証の原本、免許証の翻訳文(JAFや大使館で取得可能)、パスポート、在留カード、住民票、証明写真などです。また、一部の国では追加書類として、運転経歴証明書や更新記録証明書が必要になることがあります。これらの書類を準備し、免許センターに提出します。


項目

詳細

備考

外国免許証の原本

外国で取得した運転免許証のオリジナル

必須書類

免許証の翻訳文

JAF(日本自動車連盟)や大使館で取得可能

指定の翻訳機関で取得する必要があります

パスポート

有効なパスポート

本人確認のために必要

在留カード

日本での在留を証明するカード

本人確認のために必要

住民票

現住所を証明するための住民票

市役所で取得可能

証明写真

最近撮影された証明写真

サイズや枚数は運転免許センターの指示に従います

運転経歴証明書(必要な場合)

一部の国で必要とされる運転経歴を証明する書類

国によっては追加書類として要求される場合があります

更新記録証明書(必要な場合)

一部の国で必要とされる免許の更新記録を示す書類

国によっては追加書類として要求される場合があります

書類審査が完了すると、次に適性検査が行われます。適性検査では、視力検査、色覚検査、聴力検査が主に行われます。視力検査では、運転に必要な視力があるかどうかが確認されます。色覚検査では、交通信号や標識を正しく識別できるかをチェックします。聴力検査では、車内での音声指示を聞き取る能力が求められます。


これらの検査を無事にクリアすることで、次のステップである知識確認試験と実技試験に進むことができます。


1.2 知識確認と実技確認の重要ポイント


知識確認と実技確認は、外国免許を日本の免許に切り替えるための重要なステップです。この段階では、日本の交通法規や運転技術についての理解と実践能力が試されます。 知識確認は、筆記試験形式で行われます。


この試験では、日本の交通ルールや標識、運転マナーについての基礎知識が問われます。試験は10問の○×形式で出題され、7問以上正解することで合格となります。問題は多言語で提供されており、英語やベトナム語などで受験することが可能です。


事前にJAFが提供する教材を活用し、しっかりと勉強することが重要です。 実技確認は、実際に車を運転して行う試験です。試験は免許センター内の指定コースで行われ、安全確認や運転操作、交通ルールの遵守が評価されます。


具体的には、車両の発進や停止、右左折の際の合図、ミラーの確認などがチェックされます。実技試験では、試験官が同乗して評価を行います。 知識確認と実技確認の両方に合格することで、日本の運転免許を取得することができます。


特に実技試験は難易度が高いため、事前に教習所での練習や模擬試験を受けておくと良いでしょう。



1.3 外国免許の切り替えでの注意点


外国免許を日本の免許に切り替える際には、いくつかの注意点があります。これらを把握しておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。


まず、外国免許の有効性を確認することが重要です。有効期限が切れている免許証では、切り替え手続きができません。また、免許取得後に3か月以上その国に滞在していたことを証明する必要があります。これには、パスポートの入出国スタンプや運転経歴証明書が必要です。 次に、提出書類の正確性と完全性も重要です。


必要な書類が一つでも欠けていると、手続きが進まない場合があります。特に、免許証の翻訳文は指定の翻訳機関(JAFや大使館など)で取得する必要があります。自己翻訳や未認定の翻訳は認められないため、注意が必要です。


さらに、適性検査や試験のスケジュールにも注意が必要です。予約が必要な場合が多く、特に実技試験は混雑することが多いため、早めに予約を取ることをお勧めします。また、一度で合格できない場合もあり、その場合は再試験の手続きが必要になります。


最後に、日本の交通ルールや運転マナーについてしっかりと理解しておくことが大切です。日本の運転環境に慣れるために、事前に教習所での練習を積極的に行い、安全運転を心がけるようにしましょう。これらの注意点を押さえて、外国免許の切り替え手続きをスムーズに進めてください。


2. 外国免許切り替えにかかる時間と試験の合格率



2.1 手続きステップと時間の目安


外国免許を日本の免許に切り替えるには、いくつかの手続きと試験が必要です。具体的な時間は状況によって異なりますが、一般的には以下のようなステップが含まれます。

手続きステップ

内容

時間の目安

注意点

書類審査の予約

必要な書類を準備し、予約を取る

1~2か月先まで埋まっていることが多い

早めに予約を取ることが重要

書類審査

提出した書類の確認

-

書類が正確で完全であることを確認

適性検査

視力、色覚、聴力のテスト

書類審査後に実施

健康状態を確認

知識確認試験

日本の交通法規に関する筆記試験

適性検査後に実施

10問中7問以上の正解が必要

実技試験の予約

運転技術や安全確認の評価

実技試験予約後に実施

日本の交通ルールに従った運転が求められる

実技試験

運転技術や安全確認の評価

実技試験予約後に実施

日本の交通ルールに従った運転が求められる

これらの手続きを合計すると、外国免許の切り替えには3~6か月程度かかることが一般的です。しかし、地域や試験の混雑状況によっては、これよりも短く済む場合もあれば、逆に長引くこともあります。したがって、早めに計画を立て、必要な手続きを迅速に進めることが重要です。


2.2 外免切り替え試験の合格率


外国免許を日本の免許に切り替える試験の合格率は、試験の種類によって大きく異なります。適性検査や知識確認試験は比較的合格しやすいのですが、実技試験は難易度が高く、多くの受験者が複数回の挑戦を余儀なくされています。


適性検査は視力や色覚のテストが中心で、通常の健康状態であれば問題なくクリアできます。知識確認試験は10問の筆記試験で、7問以上正解すれば合格です。この試験は日本語以外にも多くの言語で受けることができるため、母国語で受験することが可能です。


一方、実技試験の合格率は低く、約30%前後とされています。実技試験は日本の交通法規や運転技術の確認が中心で、安全確認や適切な運転操作が求められます。このため、事前の準備や教習所での練習が不可欠です​。


3. 特定技能の運転免許で二種免許に切り替えるには



3.1 二種免許取得のステップ


特定技能の運転免許を持っている外国人が、日本で二種免許に切り替えるには、いくつかのステップを踏む必要があります。


ステップ

説明

運転経験

特定技能としての一定期間の運転経験と、運転技術に関する適切な訓練が必要です。

一般運転免許の所持

二種免許を取得するためには、まず一般の運転免許を持っていることが前提です。

筆記試験の受験

日本の交通法規や安全運転に関する知識が問われる筆記試験を受ける必要があります。日本語での試験となるため、日本語能力が重要です。

実技試験の受験

バスやタクシーなどの大型車両を安全に運転する能力が評価される実技試験を受けます。運転操作の正確さや安全確認の徹底が求められます。

試験合格後の二種免許取得

筆記試験と実技試験に合格すると、二種免許の取得が認められます。

定期的な更新と安全運転の実践

試験合格後も、定期的な更新と安全運転の実践が求められます。

準備と練習の重要性

十分な準備と練習が不可欠であり、特に実技試験のための反復練習が必要です。


これらをクリアすることで、特定技能の運転免許を二種免許に切り替えることができます。


3.2 筆記試験と実技試験の準備


筆記試験と実技試験に合格するためには、十分な準備と練習が不可欠です。


筆記試験の準備


  • 学習教材の活用: 日本の交通法規や安全運転に関する知識を学ぶための教材を活用します。教本やオンラインの学習サイトを利用して、試験範囲を網羅的に勉強することが重要です。

  • 模擬試験の実施: 実際の試験形式に慣れるために、模擬試験を繰り返し実施します。これにより、試験本番での緊張感を軽減し、正確な回答を導く練習ができます。

  • 日本語能力の向上: 日本語での試験となるため、日本語能力が重要です。特に専門用語や交通法規に関する語彙を増やすことが求められます。


実技試験の準備


  • 運転技術の向上: 実技試験では、運転操作の正確さや安全確認の徹底が求められます。教習所での実技練習を通じて、これらの技術を磨くことが重要です。

  • 試験コースの確認: 実技試験は試験場内の特定のコースで行われます。事前に試験コースを確認し、どのような運転操作が求められるかを理解しておくことが重要です。

  • 模擬試験の実施: 教習所で模擬試験を受けることで、試験本番に近い状況で練習することができます。これにより、本番でのパフォーマンス向上が期待できます。

  • 安全運転の実践: 実技試験では、安全運転の実践が求められます。教習所での練習だけでなく、日常的な運転でも安全運転を心がけることが重要です。


これらの準備をしっかりと行うことで、二種免許の取得に向けた試験に合格する確率が高まります。


4. 外国人技能実習生の運転免許取得について



4.1 自国免許の切り替え手続き


各国の免許を日本の免許に切り替えるには、いくつかのステップがあります。

ステップ

説明

翻訳文の準備

各国の運転免許証の翻訳文をJAF(日本自動車連盟)や各国大使館で取得します。

必要書類の提出

各国の運転免許証の原本と翻訳文、パスポート、在留カード、住民票、証明写真などを運転免許センターに提出します。

書類審査

提出された書類が審査され、免許切り替えの適格性が確認されます。

適性検査

視力、色覚、聴力などの基本的な適性が検査され、運転に必要な能力が確認されます。

知識確認試験

日本の交通法規や運転マナーに関する10問の筆記試験が行われ、7問以上正解する必要があります。

実技試験

運転免許センターの指定コースで実技試験が行われ、日本の交通ルールに従った運転が求められます。

日本の運転免許証の発行

実技試験に合格すると、日本の運転免許証が発行され、正式に日本で運転が可能になります。


この表に従って手続きを進めることで、各国の運転免許証を日本の運転免許証に切り替えることができます。


4.2 教習所での免許取得方法


ステップ

説明

教習所への入校

教習所に入校し、運転免許取得に必要なコースを申し込みます。多くの教習所では、外国人向けに多言語対応の教材や講師が用意されています。

学科教習

日本の交通法規、安全運転の理論、標識の意味などを学ぶ学科教習を受けます。学科教習は複数回行われ、最終的に学科試験に合格することが必要です。

実技教習

実際に車を運転する実技教習を受けます。初めは教習所内のコースで基本的な運転技術を学び、その後、公道での運転を行います。教習所の指導員が同乗し、安全運転の指導を行います。

仮免許試験

学科教習と実技教習の初期段階を修了すると、仮免許試験を受けます。仮免許試験に合格すると、公道での実技教習が可能になります。

本免許試験

すべての教習を修了した後、本免許試験を受けます。試験は、学科試験と実技試験の両方で構成されており、合格することで運転免許が発行されます。


これらの手続きを通じて、外国人技能実習生も日本で正式に運転免許を取得し、安全に運転することができるようになります。


5. 外国免許の日本免許への切り替え



5.1 必要な翻訳とその取得方法


外国免許を日本の免許に切り替える際には、免許証の翻訳文が必要です。翻訳文は、JAF(日本自動車連盟)や各国の大使館などの公認機関で取得することが求められます。


手順

内容

必要書類の準備

外国免許証の原本とそのコピー、申請書、手数料を準備します。

翻訳文の取得

JAFのウェブサイトや大使館の案内を確認し、翻訳文を申請します。JAFの場合は郵送でも手続きが可能で、数日から数週間で発行されます。大使館の場合は、現地の窓口で直接申請することが一般的です。

書類審査への提出

翻訳文を含む必要書類を運転免許センターに提出します。翻訳文がなければ手続きが進まないため、早めに準備しておくことが重要です。翻訳文が正確であることが確認されると、次の適性検査や知識確認試験に進むことができます。


6. 特定技能外国人の雇用とサポート体制



6.1 企業によるサポートと留意点


特定技能外国人が運転免許を取得する際、企業のサポートは非常に重要です。以下は、企業が提供すべきサポートとその留意点についての詳細です。


書類準備のサポート


  • 必要書類の確認: 外国免許証の翻訳文、住民票、パスポート、在留カードなどの書類を揃えるためのサポートを行います。

  • 書類の翻訳: JAFや各国大使館で取得可能な翻訳文を手配し、必要な手続きを円滑に進めるための支援を提供します。


日本語サポート


  • 通訳の手配: 試験や手続きの際に通訳を手配し、外国人社員が言語の壁を感じずに手続きを進められるようにします。

  • 試験対策: 日本の交通法規や運転マナーに関する教材を多言語で提供し、試験対策をサポートします。


実技試験の練習サポート


  • 教習所の手配: 実技試験のために教習所を手配し、外国人社員が十分な練習を積むことができるよう支援します。

  • 模擬試験の実施: 模擬試験を実施して、実技試験に対する準備を整えます。


安全運転教育


  • 交通ルールの教育: 日本の交通ルールや運転マナーを理解してもらうための教育を行います。

  • 定期的な安全運転講習: 事故のリスクを低減するために、安全運転のための研修を定期的に実施します。


留意点


  • 文化の違い: 文化や運転習慣の違いを理解し、それに応じた指導を行うことが重要です。

  • 事故時の対応: 万が一の事故に備えて、適切な対応方法を事前に共有しておきます。


6.2 特定技能運転手としての雇用のメリット


特定技能外国人を運転手として雇用することには、多くのメリットがあります。


人手不足の解消


  • 労働力の確保: 運送業界や建設業界での運転手の需要を満たすことができ、人手不足の問題を解消します。


高い運転技術


  • 経験豊富な労働力: 特定技能外国人は母国で運転経験を積んでいる場合が多く、高い運転技術を持っています。

  • 質の高いサービス: 高い運転技術を持つ外国人運転手は、質の高いサービスを提供することができます。


多言語対応


  • 国際的な取引: 多言語対応が可能になり、国際的な取引や外国人顧客とのコミュニケーションがスムーズになります。

  • 多文化理解の促進: 多文化理解が進み、社内の国際化が促進されます。


長期間の雇用


  • 安定した労働力: 特定技能ビザを持つ外国人は、技能実習生と比較して長期間の雇用が可能であり、安定した労働力を確保することができます。

  • 信頼性の高い労働者: 一定の技術や技能を持っていることが証明されているため、信頼性が高いです。


教育と研修


  • 交通ルールの教育: 日本の交通ルールや運転マナーの教育を行い、安全運転のための指導を徹底します。

  • 安全運転研修: 定期的な安全運転研修を実施し、事故のリスクを低減する対策を講じます。

これらのサポートとメリットを提供することで、企業は特定技能外国人の運転手を有効に活用し、安全かつ効率的な運営を実現することができます。


まとめ



特定技能外国人が外国の運転免許を日本の免許に切り替える手続きは、複雑で時間がかかりますが、重要なステップです。一般的に、書類審査、適性検査、知識確認試験、実技試験を経て、3~6か月程度で完了します。適性検査と知識確認試験は比較的容易ですが、実技試験は難易度が高く、複数回の受験が必要な場合が多いです。特定技能の運転免許を二種免許に切り替えるには、日本語能力と高度な運転技術が求められます。


また、国別の手続きも異なります。必要書類には免許証の翻訳文や追加書類が含まれ、JAFや大使館で取得できます。企業のサポートも不可欠で、書類準備、試験手配、通訳手配が求められます。


特定技能外国人を運転手として雇用することで、労働力不足の解消や多言語対応の強化が期待できますが、交通ルールの教育や安全運転の指導も重要です。企業はこれらのサポートを提供することで、安全かつ効率的な運営を実現できます。


 

GLORY OF BRIDGEでは

今回解説した特定技能に関する詳細情報をはじめ、各国の優秀な人材を紹介する外国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。




コメント


bottom of page