top of page
検索
  • sou takahashi

【2024年最新】外国人労働者の在留資格と特定技能【ベトナム・フィリピン・インドネシア】

更新日:4月17日



日本における労働力不足は深刻化しており、多くの企業がその解決策として外国人労働者の活用に目を向けています。しかし、在留資格の種類や要件、特定技能外国人労働者の制度についての複雑さが、採用プロセスの障壁となっていることも少なくありません。この記事では、これらの疑問を解消し、外国人労働者の採用に関する明確な道筋を提供します。


1.外国人労働者の在留資格の全体像


日本で働く外国人労働者には様々な在留資格があります。特定技能、技術・人文知識・国際業務、技能実習など、労働者の技能や業務内容に応じたカテゴリーが設定されています。これらの資格は、労働者が日本で働くために必要な条件を定めており、企業は採用に際してこれらの要件を理解する必要があります。


外国人労働者の在留資格の現状


日本における外国人労働者の在留資格の現状は、国が直面する人手不足問題に対処するために進化し続けています。特に、2019年の出入国管理法の改正により新設された「特定技能」在留資格は、介護、建設、農業など14の指定産業分野での外国人労働者の受け入れ枠を大幅に拡大しました。この制度は、単純労働を許可することで、従来の技能実習制度や高度専門職ビザとは異なる新たな人材獲得の道を開きました。しかし、言語の壁や社会的受容性、労働条件の適正化など、多くの課題も浮き彫りになっています。現状、特定技能労働者の受け入れ数は増加傾向にありますが、制度の更なる改善と、外国人労働者の社会統合に向けた支援策の充実が求められています。


数字で見る外国人労働者数の推移


2022年(令和4年)10月末の時点で、日本における外国人労働者の数は1,822,725人に達し、これは2007年(平成19年)に届出が必須となって以降、最も多い記録を更新したことを示しています。




下記の表は、主な在留資格の外国人労働者の前年増加率の表です。

「専門的・技術的分野の在留資格」が近年増加しています。








在留資格の種類と要件


在留資格には、高度人材、技術・人文知識・国際業務、特定技能など、労働者のスキルセットに応じた多様なカテゴリーが存在します。各資格は、日本での就労範囲、滞在期間、家族の同伴可否など、異なる要件を有しています。企業はこれらの要件を把握し、適切な外国人人材を選定することが重要です。


特定技能外国人労働者の制度概要


特定技能外国人労働者制度は、日本の産業界が直面する人手不足を解消するために設けられました。この制度では、介護、建設、農業など特定の分野で働く外国人労働者に対し、最大5年間の在留資格を認めています。企業はこの制度を活用することで、必要な技能を持った労働力を確保できます。


日本政府による在留資格の管理と支援体制


日本政府は、外国人労働者の適正な受け入れと社会統合を促進するために、在留資格の管理体制を強化しています。これには、法令遵守の徹底、外国人支援の充実などが含まれます。また、企業が外国人労働者を採用する際に必要な情報提供や支援も行われています。


2.ベトナム、フィリピン、インドネシアの現状




日本で働く外国人労働者の中でも、ベトナム、フィリピン、インドネシア出身者の割合は特に高いです。これらの国々は、人口の多さと若い労働力が豊富であることから、日本企業にとって重要な人材供給源となっています。近年、これらの国からの労働者流入が増加しており、特に特定技能や技能実習生のカテゴリーでその数を伸ばしています。


各国の労働者の在留資格取得状況


ベトナム、フィリピン、インドネシアからの労働者は、特定技能1号や技能実習生としての在留資格を主に取得しています。これらの資格は、特定の産業分野での就労を目的としており、取得には一定の条件があります。例えば、特定技能1号の資格を得るには、対象となる産業分野での試験に合格する必要があります。





2023年10月末時点で、日本におけるベトナム人労働者の数は最も多く、約51万8,364人に上り、全外国人労働者の約4分の1を占めています。次いで、中国が39万7,918人、フィリピンが22万6,846人です。特にベトナム人労働者の増加率は前年比12.1%と高く、技能実習生が20万9,305人と最も多い国籍となっています。また、インドネシアからの労働者も大幅に増えており、前年から56.0%増の12万1,507人となりました。


全体でも2,048,675人に達し、前年の1,822,725人から12.4%増加しています。


日本における外国人労働者数(国籍別構成比)2023年



ベトナム人の在留資格で最も多いのは「特定技能1号」で97,485人、次いで「技術・人文知識・国際業務」が87,904人、「技能実習2号」が72,504人となっています。都道府県別では愛知県に最も多く53,041人が在住し、大阪府、東京都がそれに続いています。



ベトナム




ベトナム出身労働者の在留資格の現状

  

ベトナムからの労働者は、日本での主要な外国人労働力の源泉の一つとなっています。技能実習生として、また新しく設けられた「特定技能」在留資格を通じて、多くが日本の製造業、建設業、農業などに就労しています。これらの分野では、日本国内での労働力不足が顕著であり、ベトナム出身者はこれらの業界における重要な役割を担っています。特に「特定技能」制度は、それまでの技能実習生制度を超え、より幅広い職種での活動を可能にしています。


ベトナムの労働者の在留資格取得状況 

 

ベトナムからの労働者の日本への流入は、特に「特定技能1号」在留資格の下で加速しています。この制度は、ベトナム出身者にとって、日本での長期的な就労およびキャリア形成のチャンスを提供しており、特定の技能や経験が求められる分野での就労が可能になっています。また、技能実習生から特定技能在留資格への移行も増えており、より安定した就労環境と生活基盤の構築が期待されています。


送出国としてのベトナムの役割 

 

ベトナム政府は、自国民の海外就労を経済発展の重要な要素と見なしています。そのため、日本語教育プログラムの提供、職業訓練、海外就労に関する情報提供など、労働者が海外で成功するためのサポート体制を整えています。これらのプログラムは、労働者が日本での就労に際して直面する可能性のある課題を事前に解消し、彼らの就労機会を最大化することを目指しています。


日本とベトナムとの間の労働力移動に関する協定

  

日本とベトナム間の経済協力の一環として、労働力の移動を促進する複数の協定が結ばれています。これらの協定には、技能実習生の受け入れ拡大、特定技能外国人労働者の枠組みの確立などが含まれており、相互の経済発展に寄与しています。協定の下で、ベトナムからの労働者は、日本での就労機会をより広く、かつ効果的に得ることが可能になり、日本企業は必要な人材を確保できるようになっています。


フィリピン




フィリピン出身労働者の在留資格の現状


フィリピン出身の労働者は、日本での在留資格取得において特に介護分野で顕著な増加を見せています。特定技能1号の在留資格を中心に、介護業界での就労が可能になったことで、フィリピンからの看護師や介護福祉士の流入が進んでいます。加えて、技能実習生として建設や製造業に従事するケースもあり、これらの分野での日本の人手不足を補う形で貢献しています。フィリピン出身者は、その優れたコミュニケーション能力と適応力で、日本の労働市場において重要な役割を果たしています。


フィリピンの労働者の在留資格取得状況 

 

フィリピン出身の労働者は、日本の労働市場において多様な役割を果たしています。特に、高齢化社会が進む中で介護分野における彼らの貢献は計り知れません。多くのフィリピン人が特定技能1号の資格を利用して介護業界に参入しており、彼らの専門性と献身性は業界から高く評価されています。介護の他にも、建設や製造業分野で技能実習生として活躍するケースも増えています。フィリピン出身者はその高い英語力と適応能力で、日本のさまざまな業界で重宝されています。


送出国としてのフィリピンの役割

  

フィリピン政府は、海外就労を国家発展の一環と捉え、国民が国外で就労する機会を積極的にサポートしています。特に日本向けには、日本語教育プログラムや技能習得を目的としたトレーニングプログラムが整っており、フィリピン出身の労働者が日本での生活と仕事にスムーズに適応できるように支援しています。これらのプログラムは、フィリピン国内の複数の機関や教育施設で実施されており、日本での就労を目指す人々にとって貴重な資源となっています。


日本とフィリピンとの間の労働力移動に関する協定

  

日本とフィリピン間の協力関係は長く、双方の国益に資する形で人材の交流が行われています。特に看護師や介護福祉士を対象とした協定は、フィリピンからの専門職の日本への流入を促進しており、日本の医療・福祉分野の人手不足解消に大きく貢献しています。これらの協定により、フィリピン出身の専門職は日本での就業機会を得ることができ、同時に日本は必要な人材を確保することが可能になっています。このような協定は、両国間の強固なパートナーシップを象徴するものであり、今後もその範囲と深さを拡大していくことが期待されます。


インドネシア




インドネシア出身労働者の在留資格の現状


インドネシアからの労働者も、特に特定技能1号や技能実習生としての在留資格を利用して、日本での就労機会を広げています。主に製造業、農業、建設業での需要が高く、これらの分野においてインドネシア人労働者は大きな貢献をしています。特に製造業では、インドネシア出身の労働者が生産ラインで重要な役割を担うことが多く、労働市場の需要に応えています。インドネシア政府の海外就労支援プログラムもあり、労働者の技能向上と日本での就労準備が促進されています。


インドネシアの労働者の在留資格取得状況

  

インドネシアからの労働者は、日本において重要な外国人労働力の供給源の一つです。特に製造業、農業、建設業分野での需要が顕著であり、特定技能1号や技能実習生としての資格を得て活躍しています。製造業では、特に生産ラインでの作業に従事するインドネシア人が多く、これらの分野での人手不足を補っています。農業や建設業でも、同様に技能実習生として、または特定技能労働者として、日本の産業基盤の支えとなっています。


送出国としてのインドネシアの役割

  

インドネシア政府は、国民の海外就労を経済発展戦略の一環として捉え、海外で働く労働者へのサポートを積極的に行っています。特に日本への就労を希望する労働者向けに、日本語教育プログラムや専門的な技能訓練を提供しています。これらの取り組みは、インドネシア出身の労働者が日本での就労に必要な言語能力や技術スキルを身につけることを目的としており、彼らの日本での成功を後押ししています。


日本とインドネシアとの間の労働力移動に関する協定

  

日本とインドネシア間では、労働力の相互流動を促進し、両国の経済発展を支援するための協定が結ばれています。特に技能実習生プログラムや特定技能労働者制度を通じて、インドネシアからの労働者が日本の様々な産業分野で働くための枠組みが整備されています。これらの協定は、インドネシアからの労働者にとって有益な就労機会を提供すると同時に、日本の企業にとっても必要な人材を確保する手段となっています。


これらの国々からの労働者は、日本の多様な産業分野で重要な役割を果たしており、今後もその需要は高まることが予想されます。日本政府と送出国政府との間の協定や支援体制は、この労働力の流動を円滑にし、双方にとっての利益を最大化することを目指しています。


各国の在留資格の現状と今後の見立て


日本政府は、国内の労働力不足を補うために、特定技能外国人労働者の制度を拡張しています。この制度は、特にベトナム、フィリピン、インドネシアからの労働者を中心に、日本での就労機会を拡大してきました。現在、これらの国々からの労働者は、介護、建設、農業、製造業など、特定の産業分野において重要な役割を果たしています。


今後の見立てとしては、日本政府は更なる外国人労働者の受け入れ拡大を計画しており、在留資格の種類を増やすとともに、既存の資格についても要件の緩和を図っています。これにより、ベトナム、フィリピン、インドネシアからの労働者流入はさらに増加すると予想されます。しかし、これらの動きは、労働市場の動向、国際関係、そしてCOVID19パンデミックのような外部要因によって左右される可能性もあります。






3.特定技能の増加トレンド




特定技能登録外国人労働者の増加傾向


日本政府が2019年に導入した特定技能外国人労働者制度は、国内の深刻な労働力不足に対応するための重要な施策です。この制度の下で、特に介護、建設、農業、製造業、飲食業の分野において、外国人労働者の受け入れが進んでいます。統計によると、制度導入後の数年間で、特定技能外国人労働者の数は年々増加しており、この傾向は今後も続くと予想されます。

需要の高い業種とその理由


特に需要が高い業種は、介護、建設、農業、製造業、飲食業です。これらの分野では、国内の労働人口の減少や若年層の職種選好の変化により、労働力不足が顕著になっています。例えば、介護分野では、日本の高齢化社会に伴い、介護サービスの需要が増加している一方で、必要な人材を確保することが困難になっています。特定技能外国人労働者の制度は、これらの業種における人手不足を補うために設計されています。


労働市場への影響


特定技能外国人労働者の増加は、日本の労働市場に大きな影響を与えています。これにより、労働力不足が緩和され、特に中小企業や地方の産業において、経済活動が支えられています。また、外国人労働者の受け入れ拡大は、国内の労働市場の国際化を促進し、日本企業のグローバル競争力の強化にも寄与しています。ただし、言語や文化の違いによるコミュニケーションの障壁、労働条件の整備など、解決すべき課題も存在します。


4.今後の見通しと挑戦




在留資格制度の将来的な変化の可能性


日本政府は、特定技能外国人労働者制度のさらなる拡充を図ることで、国内の労働力不足を補う計画です。これには、受け入れ業種の拡大や在留期間の延長、家族の同伴可能な制度の検討などが含まれます。また、労働者の技能向上とキャリアアップを支援するための制度改善も進められることが予想されます。


特定国の労働者流入の予測とその影響


ベトナム、フィリピン、インドネシアなどからの労働者流入は、今後も増加すると予測されています。これらの国からの労働者は、特定技能制度下で日本のさまざまな産業を支える重要な役割を担っており、その影響は経済全体に及ぶでしょう。ただし、社会的な受容性の確保や外国人労働者の権利保護など、対応すべき課題も増えています。


特定技能外国人労働者の増加に伴う社会的、経済的課題


外国人労働者の増加は、労働市場の柔軟性を高め、経済活動を活発にする一方で、言語や文化の違いからくる課題や、住宅や教育などの社会インフラの整備が求められています。また、適正な労働条件の確保や人材の流出問題に対する送出国の懸念も考慮する必要があります。


このように、特定技能外国人労働者の受け入れ拡大は、日本の産業と社会に多大な利益をもたらしていますが、持続可能な制度運営には、さまざまな課題への対応が不可欠です。これらの挑戦にどう応えるかが、今後の日本の国際競争力と社会の持続可能性を左右する重要な鍵となります。


5.政策提言と企業の取り組み



政府による制度改善の提案


特定技能外国人労働者の制度をさらに効果的かつ持続可能にするために、政府は以下のような改善策を検討すべきです。まず、労働市場のニーズに合わせた在留資格のカテゴリー拡大と、労働者の技能向上を支援する教育プログラムの充実が挙げられます。また、外国人労働者の社会統合を促進するために、言語研修や文化交流プログラムの提供も重要です。さらに、労働条件の透明性を高めるための取り組みや、不正行為を防止するための監視体制の強化が必要とされます。


企業による外国人労働者の受け入れ態勢の強化


企業は、外国人労働者を受け入れる際に、以下の点に注力することが求められます。労働者が安心して働けるよう、適正な労働条件の提供と、職場内でのコミュニケーションの向上に努めることが不可欠です。また、労働者の技能向上を支援するための研修制度の整備や、キャリアアップの機会を提供することも重要です。さらに、文化的差異に配慮した職場環境の構築を進め、社会統合を支援する取り組みを展開することが望まれます。


社会統合を促進するための戦略


外国人労働者の社会統合を促進するためには、政府、企業、地域社会が協力して、以下のような戦略を実施することが重要です。地域社会における言語教育や文化交流の機会を増やし、外国人労働者と地域住民との相互理解を深めるプログラムを推進します。また、住宅や教育、医療などの社会インフラの整備を進め、外国人労働者が生活しやすい環境を提供することも必要です。これにより、外国人労働者が日本社会の一員として受け入れられ、互いに支え合う社会の実現に貢献します。


6.まとめ




日本は、特定技能外国人労働者の制度を通じて、国内の労働力不足に対応し、産業の持続可能な発展を目指しています。ベトナム、フィリピン、インドネシアからの労働者は、特に介護、建設、農業、製造業、飲食業などの分野で重要な役割を担っており、日本の社会と経済に貢献しています。しかし、この制度の持続可能な運営には、労働条件の適正化、社会統合の促進、文化的差異への配慮など、さまざまな課題への対応が求められます。


外国人労働者の在留資格制度の未来への期待


特定技能外国人労働者制度は、日本にとって大きな可能性を秘めています。政府、企業、地域社会が一体となってこれらの課題に取り組むことで、外国人労働者を含む多文化共生社会の実現が期待されます。これにより、日本の産業はさらに活性化し、国際競争力の強化につながるでしょう。特定技能外国人労働者の制度を通じて、日本がより開かれた社会へと進化していくことを期待します。



 

GLORY OF BRIDGEでは

今回、解説した外国人労働者の在留資格と特定技能をはじめ、各国の優秀な人材を紹介する国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。



閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page