top of page
検索
  • sou takahashi

【2024年版】特定技能「外食業」の最新情報と受け入れ企業の注意点

特定技能「外食業」について、詳細がわからずお悩みではありませんか?


本記事では、特定技能「外食業」の取得手順や雇用の流れ、最新の政策変更による影響、実際のメリット・デメリットについて詳しく解説します。


外国人材の有効活用方法を見つけ、外食業界の課題解決に役立ててください。特定技能「外食業」の全体像を理解し、未来への展望を共に探りましょう。


01.特定技能「外食業」とは?


背景と目的:外食業界の人手不足


現在、日本の外食業界は深刻な人手不足に直面しています。特に、飲食店やレストランでは従業員が不足し、多くの店舗が通常の営業を維持するのが難しくなっています。




農林水産省のデータによると、令和4年の外食産業における有効求人倍率は「3.80」で、全産業の平均有効求人倍率である「2.6」と比べて大幅に高い数字であると言えます。


この問題の背景には、労働環境の厳しさや賃金の低さが挙げられます。長時間労働や不規則な勤務時間が続くことで、多くの若者が外食業界を敬遠するようになりました。その結果、求人を出しても応募が少なく、店舗運営に支障が出ているのです​​。





人手不足を解消するために、外国人労働者の活用が期待されていますが、農林水産省のレポートから外国人雇用状況の届出によると、外食業で働く外国人のうち、最も多いのは「資格外活動」の留学生などで全体の55%を占めています。


このような状況を改善するため、外食業界は新しい人材確保方法を模索しています。特に外国人労働者に対する期待が高まっており、特定技能ビザを活用することで、即戦力となる人材を海外から呼び寄せる動きが進んでいます​​。


外食業における特定技能の役割


先に説明した通り、特定技能ビザは、外食業界の人手不足を解消するために導入された制度です。これは、一定の技能を持つ外国人労働者が、日本の外食産業で働くことを可能にするものです。特定技能ビザを取得することで、外国人労働者は調理や接客、店舗管理など、さまざまな業務に従事することができます。


このビザ制度の役割は、単に労働力を補うだけではありません。外国人労働者の雇用によって、外食産業は多様な文化やサービスを取り入れることができ、顧客満足度の向上にもつながります。また、外国人労働者は母国の料理や文化を活かし、飲食店のメニューやサービスに新しい風を吹き込むことが期待されています。


さらに、特定技能ビザは日本語能力や技能試験の合格が必要なため、一定のスキルを持った労働者が来日します。このため、即戦力として活躍できることが多く、企業にとっても大きなメリットとなります。一方で、適切なサポート体制を整えることが求められます。外国人労働者が安心して働ける環境を提供することで、長期的な雇用関係を築くことが可能になります。


最新の統計データから見る特定技能の状況

分野

2022年外国人労働者数

2023年外国人労働者数

増加人数

増加率

外食業

5,159人

13,312人

+8,153人

約158%


最近の統計データによると、特定技能ビザを持つ外国人労働者の数は年々増加しています。特に外食業界では、このビザを取得して働く外国人が増加しており、業界全体で重要な労働力となっています。2023年末の時点で、外食業分野における特定技能在留外国人数は13,312人に達し、前年度からも大きく増加しています。この増加は、外食業界の人手不足解消に大きく貢献していると考えられます。




一方で、外国人労働者が日本に適応するためのサポート体制の整備も重要です。日本語の学習支援や生活環境の整備が必要であり、これらのサポートが十分に提供されている企業は、外国人労働者の定着率が高いというデータもあります。特定技能ビザを活用する企業は、単に労働力を確保するだけでなく、彼らが長期的に働ける環境を整えることが求められます。


このように、最新の統計データから見る特定技能の状況は、外国人労働者が日本の労働市場において重要な役割を果たしていることを示しています。今後も特定技能ビザを活用することで、多様な労働力を取り入れ、業界全体の発展に寄与することが期待されます。


02.特定技能「外食業」の業務範囲


フードデリバリーは特定技能で可能?


特定技能ビザを持つ外国人労働者は、フードデリバリー業務も担当することができます。ただし、特定技能「外食業」において認められている業務範囲にはいくつかの制限があります。


例えば、飲食店で調理した食事をお客様のもとへ届けるデリバリー業務は、特定技能「外食業」の範囲に含まれています。このため、フードデリバリーサービスを提供する飲食店での業務は問題ありません。


一方で、特定技能外国人が専らデリバリーのみを行う場合は認められていません。外食業全般の業務の一部としてデリバリーを行うことが許されていますが、デリバリー専任の業務は不可です。つまり、調理や接客などの他の業務と並行してデリバリーを行うことが求められます。


また、デリバリー業務に従事する場合でも、安全運転や衛生管理の徹底が重要です。日本の交通ルールを遵守し、お客様に安全かつ衛生的な食事を届けることが求められます。これにより、顧客満足度を高めるだけでなく、従業員の安全も確保されます。


ホテル内レストランでの勤務条件


条件

内容

運営形態

ホテル内のレストランが外食業として認められている場合、特定技能「外食業」の範囲内で勤務可能。ホテルが直接運営する場合、特定技能「宿泊業」の範囲内で勤務。

業務範囲

レストランが別事業者運営の場合、調理・接客業務。ホテル直営の場合、レストラン業務に加え、フロント業務や客室管理などの広範な業務。

勤務条件

労働時間や休暇制度は法律に基づいて設定。雇用形態はフルタイムの直接雇用が必須。派遣や短期雇用は認められない。

コミュニケーション能力

日本語のコミュニケーション能力が特に重要。円滑な接客のために十分な日本語力が求められる。

特定技能ビザを持つ外国人労働者は、ホテル内のレストランでも勤務可能です。レストランがホテルとは別の事業者による運営なら特定技能「外食業」、ホテル直営なら特定技能「宿泊業」となり、広範な業務も行います。勤務はフルタイムの直接雇用で、日本語のコミュニケーション能力が求められます。


特定技能「外食業」の業務の幅広さと期待


特定技能「外食業」は、外食産業における多様な業務をカバーしています。具体的には、調理、接客、店舗管理などが挙げられます。例えば、レストランのキッチンで料理を作ったり、ホールでお客様の案内をしたり、店舗の運営に関わる仕事を行うことができます。これにより、業務の幅広さが確保され、即戦力として期待されるのです。


特定技能ビザを持つ外国人労働者は、飲食店やカフェ、ファーストフード店などで働くことができます。彼らの採用により、人手不足が解消され、サービスの質が向上することが期待されています。特に、調理技術や接客スキルを持つ外国人労働者が増えることで、店舗の運営がスムーズに行われるようになります。


また、多言語対応が可能な外国人労働者の存在は、訪日観光客へのサービス向上にもつながります。日本語だけでなく、英語やその他の言語を話せるスタッフがいることで、海外からの顧客に対してもスムーズな対応ができるようになります。これにより、顧客満足度が高まり、リピーターの増加が期待されます。


メリットとデメリットの事例比較


特定技能ビザを持つ外国人労働者の採用には、いくつかのメリットとデメリットがあります。


メリット

観点

内容

人手不足の解消

即戦力として外国人労働者を採用でき、店舗運営が安定する

スキルとサービスの質

調理や接客のスキルを持つ人材が増え、サービスの質が向上し、顧客満足度が高まる

デメリット

観点

内容

コミュニケーション

日本語が十分に話せない場合、接客や業務連絡に支障が出ることがある

文化の違い

接客マナーや労働習慣の違いから誤解が生じる可能性がある

労働条件の管理

日本人と同等の賃金を受け取る必要があり、労働条件の管理が求められる

メリットとして、人手不足の解消が挙げられます。即戦力としての外国人労働者を採用でき、店舗運営が安定します。特に、調理や接客のスキルを持つ人材が増え、サービスの質が向上し、顧客満足度も高まります。


一方、デメリットとしては、コミュニケーションの課題があります。日本語が十分に話せない場合、接客や業務連絡に支障が出ることがあるため、コミュニケーションスキルの研修が必要です。また、文化の違いによるトラブルも考えられ、適切な教育とサポートが重要です。


さらに、特定技能ビザを持つ外国人労働者は、日本人と同等の賃金を受け取る必要があります。この点を守らないと法的な問題が発生する可能性があるため、労働条件の管理が求められます。


企業はこれらのメリットとデメリットを理解し、適切な対応を行うことが重要です。


03.受け入れ企業の基準と要件



企業が満たすべき条件とは?


企業が特定技能「外食業」の外国人を雇用するためには、以下の条件を満たす必要があります。


  1. 受入機関の適切な資格

  2. 支援体制の整備

  3. 食品産業特定技能協議会への加入

  4. 賃金の同等性

  5. 雇用形態


まず、企業は「受入機関」として適切な資格を持っていることが求められます。この資格には、法令遵守の履歴や経営の安定性が含まれます。


また、受入機関は外国人労働者に対して十分な支援を提供する体制を整えていることが必要です。具体的には、労働環境の整備、生活支援、相談窓口の設置などが含まれます。これにより、外国人労働者が安心して働ける環境を提供することが求められます。


さらに、食品産業特定技能協議会への加入も必要です。この協議会は、外国人労働者の適切な受け入れとサポートを目的としており、企業はその指導や監督を受けることになります。加入期限は、特定技能1号在留外国人の在留資格が最初に許可された日から4ヵ月以内です。


最後に、企業は雇用契約を結ぶ際に、外国人労働者の賃金が日本人と同等以上であることを確認する必要があります。また、雇用形態はフルタイムの直接雇用であることも条件となっています。これにより、外国人労働者が安定して働ける環境を提供することが求められます。


04.特定技能「外食業」の取得プロセス



必要な試験とその合格率


外食業特定技能1号技能測定試験の詳細


外食業特定技能1号技能測定試験は、外食業界で働くために必要な技能と知識を確認するための試験です。この試験は学科試験と実技試験の二つに分かれています。学科試験では、衛生管理、飲食物調理、接客全般に関する知識が問われます。


具体的には、食中毒の防止方法や調理器具の使い方、接客の基本などが試験範囲に含まれます。実技試験では、図やイラストを用いて正しい行動を選ぶ判断試験や、計算式を使って作業計画を立てる計画立案のスキルが評価されます。


日本語能力試験の重要性


日本語能力試験は、特定技能「外食業」を取得するために必要な試験の一つです。この試験では、日常生活や職場でのコミュニケーションに必要な日本語の理解力が問われます。合格基準はN4以上で、これは基本的な日本語の会話や読み書きができるレベルです。


また、国際交流基金日本語基礎テストも代替試験として認められており、こちらはA2以上のレベルが求められます。日本語能力試験に合格することで、日本での生活や仕事に必要な言語スキルを持っていることが証明されます。


05.特定技能外国人の雇用手順



特定技能雇用契約の手順


特定技能雇用契約の手順は、特定技能外国人を雇用するための重要なプロセスです。まず、企業は外国人労働者と「特定技能雇用契約」を締結します。この契約には、労働条件、賃金、労働時間、福利厚生などの詳細が明記されている必要があります。


次に、契約が成立したら、企業は「在留資格認定証明書交付申請書」を出入国在留管理庁に提出します。この申請には、契約書のコピーや企業の情報、労働者の情報が必要です。申請が受理されると、出入国在留管理庁が審査を行い、「在留資格認定証明書」を発行します。


証明書が発行されたら、企業はこれを外国人労働者に送ります。労働者は証明書を持って現地の日本大使館や領事館でビザを申請します。ビザが発行されると、労働者は日本に入国でき、特定技能雇用契約に基づいた就労を開始できます。


1号特定技能外国人支援計画の作成方法


1号特定技能外国人支援計画の作成は、外国人労働者が日本で安心して働けるようにするための重要なステップです。まず、支援計画には以下の内容を含める必要があります。


  1. 労働環境の整備: 労働者が働きやすい環境を提供するために、適切な労働条件や労働時間を設定します。また、労働者が安心して働けるよう、職場内のコミュニケーションを促進する取り組みも重要です。

  2. 生活支援: 労働者が日本での生活に慣れるように、住居の確保や日本語学習のサポートを行います。具体的には、労働者が住む場所を見つける手助けや、日本語教室の紹介などがあります。

  3. 労働法や労働慣習の教育: 日本の労働法や労働慣習について労働者に教育します。これには、労働時間のルールや休暇の取り方、労働者の権利などの説明が含まれます。

  4. トラブル対応: 労働者が職場で困ったことがあった場合に相談できる窓口を設けます。また、トラブルが発生した場合の対応方法についても計画に含めます。


支援計画を作成したら、企業はこの計画を実行するための体制を整えます。自社での対応が難しい場合は、登録支援機関に支援業務を委託することも可能です。支援計画が整ったら、出入国在留管理庁に提出し、審査を受けます。審査が通れば、特定技能外国人の受け入れが正式に認められます。


事前ガイダンスの実施とその重要性


事前ガイダンスの実施は、特定技能外国人が日本で円滑に働くために重要なステップです。これは、外国人労働者が日本の職場や生活環境に慣れるための初期サポートとして行われます。


まず、事前ガイダンスでは、日本での生活や仕事に関する基本的な情報を提供します。具体的には、日本の文化や習慣、交通機関の利用方法、日常生活での注意点などを説明します。この情報は、労働者が不安なく生活を始めるために不可欠です。


次に、労働環境や労働法に関する説明を行います。労働時間や休暇、賃金の支払い方法、労働者の権利と義務などを詳しく説明します。これにより、労働者は自分の労働条件を正しく理解し、トラブルを避けることができます。


また、事前ガイダンスでは、労働者が困ったときに相談できる窓口の情報も提供されます。例えば、労働問題や生活の困りごとが発生した場合に相談できる機関や、緊急時の対応方法などを紹介します。このサポート体制は、労働者が安心して働くための重要な要素です。


在留資格の申請手続き


在留資格の申請手続きは、特定技能外国人が日本で働くために必要なプロセスです。

まず、企業は労働条件や賃金を明記した雇用契約を締結します。


次に、「在留資格認定証明書交付申請書」を出入国在留管理庁に提出し、労働者の技能や日本語能力を証明する書類も添付します。申請書が受理されると、「在留資格認定証明書」が発行され、企業はこれを労働者に送付します。労働者は証明書を持って現地の日本大使館や領事館でビザを申請し、ビザが発行されると日本に入国して就労を開始します。


企業は手続きの各ステップを正確に進める必要があります。


手続き内容

必要な書類・情報

特定技能外国人と雇用契約を締結

雇用契約書(労働条件、賃金、労働時間など)

在留資格認定証明書交付申請書を提出

在留資格認定証明書交付申請書、雇用契約書のコピー、企業情報、労働者の情報、労働者の技能や日本語能力を証明する書類

出入国在留管理庁が審査し、在留資格認定証明書を発行

-

証明書を労働者に郵送

在留資格認定証明書

労働者が現地の日本大使館や領事館でビザを申請

在留資格認定証明書

労働者が日本に入国し、就労を開始

ビザ


ビザ申請から就労開始までの流れ


ビザ申請から就労開始までの流れは、特定技能外国人が日本で働くために必要なプロセスです。

まず、企業は労働条件や賃金を明記した雇用契約を締結します。


次に、「在留資格認定証明書交付申請書」を出入国在留管理庁に提出し、労働者の技能や日本語能力を証明する書類を添付します。申請が受理されると、「在留資格認定証明書」が発行され、企業はこれを労働者に送付します。労働者は証明書を持って現地の日本大使館や領事館でビザを申請し、ビザが発行されると日本に入国して就労を開始します。


企業は手続きの各ステップを正確に進める必要があります。


1. 雇用契約を締結

企業と特定技能外国人が雇用契約を結び、労働条件、賃金、勤務時間などの詳細を記載します。

2. 在留資格認定証明書の申請

企業が「在留資格認定証明書交付申請書」を出入国在留管理庁に提出し、必要な書類を添付します。

3. 審査と証明書発行

出入国在留管理庁が審査を行い、承認されると「在留資格認定証明書」を発行します。

4. 証明書の郵送

企業が発行された「在留資格認定証明書」を特定技能外国人に郵送します。

5. ビザ申請

特定技能外国人が現地の日本大使館または領事館でビザを申請し、必要書類を提出します。

6. ビザの承認と受け取り

ビザ申請が承認されると、特定技能外国人はビザを受け取ります。

7. 日本への入国準備

特定技能外国人が日本に入国する準備を進めます。

8. 入国とオリエンテーション

入国後、企業が労働者を迎え入れ、オリエンテーションやトレーニングを実施します。

9. 業務開始

特定技能外国人が正式に業務を開始し、企業は継続的なサポートを提供します。


06.外国人材の採用動向



現在の外国人材の採用動向


厚生労働省のデータによると、外国人労働者の数は年々増加しており、特にアジア諸国からの労働者が多くを占めています。ベトナム、フィリピン、インドネシアなどからの労働者が、日本語能力試験や技能試験に合格し、外食業界で活躍しています。この背景には、日本国内の労働力不足があります。特に外食業界では、長時間労働や低賃金の問題から日本人労働者の確保が難しくなっているため、多くの企業が外国人材の採用に目を向けています。



外国人材の採用対策


労働環境の整備

  • 労働時間の管理や適正な賃金の支払い、労働条件の明示が重要です。

  • 日本語の研修や文化理解のためのオリエンテーションを実施する企業も増えています。


ビザの取得と管理

  • 特定技能ビザや技能実習ビザの種類や取得方法を理解し、適切な手続きを進めることが求められます。

  • 出入国在留管理庁との連携も重要で、ビザの更新や在留資格の変更についても適切に対応する必要があります。


サポート体制の強化

  • 外国人労働者の相談窓口を設置したり、メンター制度を導入したりすることで、安心して働ける環境を整えることができます。


適切な採用対策を講じることで、企業は優秀な外国人材を確保し、労働力不足の解消に貢献することができます。


07.法律遵守と注意点


特定技能「外食業」でできない業務


特定技能「外食業」では、多くの業務を外国人労働者に任せることができますが、いくつかの制約も存在します。これらの制約を理解し、適切に対応することが重要です。


まず、特定技能「外食業」では接待業務が禁止されています。例えば、飲食店でお客様にお酒を注いだり、特別なもてなしを行ったりすることはできません。これは、風俗営業法による規制であり、外国人労働者がこのような業務に従事することを禁止しています。


また、「風俗営業」や「性風俗関連特殊営業」を営む事業所での就労も認められていません。具体的には、キャバレーやクラブ、パブなどの風俗営業店での勤務はできません。これらの業種は、特定技能の範囲外となっており、外国人労働者を雇用することは法律で禁止されています。


さらに、特定技能「外食業」では、皿洗いや清掃、宅配のみの業務に従事させることも禁止されています。これらの業務は、付随的なものとして行うことは可能ですが、主要な業務として従事することは認められていません。つまり、調理や接客などの外食業務と併せて行う場合に限り許可されています。


これらの制約を理解し、外国人労働者に適切な業務を任せることで、法令違反を防ぎ、円滑な労働環境を提供することができます。


外国人労働者の賃金に関する規定


特定技能「外食業」で外国人労働者を雇用する場合、賃金に関する規定を遵守することが重要です。これにより、適正な労働環境を提供し、トラブルを防ぐことができます。


まず、外国人労働者の賃金は日本人と同等以上である必要があります。これは、特定技能ビザの基本的な規定であり、外国人労働者が不当な低賃金で働かされることを防ぐための措置です。具体的には、同じ業務を行う日本人労働者と比較して、同等以上の賃金を支払う必要があります。


また、賃金の支払い方法にも規定があります。原則として、賃金は銀行振込で支払われることが求められています。現金での支払いは、トラブルの原因となる可能性があるため、避けるべきです。銀行振込により、賃金支払いの透明性が確保され、労働者の権利が守られます。


さらに、残業代や深夜手当などの追加手当も適正に支払う必要があります。特に外食業界では、労働時間が長くなりがちであるため、残業代の支払いが重要です。労働基準法に基づき、適正な割増賃金を支払うことで、労働者の働きやすい環境を提供することが求められます。


これらの規定を守ることで、外国人労働者が安心して働ける環境を整えることができます。また、適正な賃金を支払うことで、優秀な人材を確保しやすくなるでしょう。


08.政策変更の影響と未来展望




最新の政策変更と特定技能「外食業」の未来


最近の政策変更は、特定技能「外食業」に大きな影響を与えています。2023年6月に閣議決定された特定技能2号の対象分野拡大により、「外食業」も特定技能2号の対象に加えられることになりました。これは、特定技能1号に比べて長期間の就労が可能であり、さらに高度な技能を持つ外国人労働者を受け入れることを目指したものです。


主なポイント


  • 特定技能2号の導入により、外食業界の人材確保が容易に。

  • 企業は政策変更を前向きに捉え、適切な対応を行うことが重要。

  • 労働環境の改善と支援体制の強化が求められる。


この変更により、特定技能1号の外国人労働者が特定技能2号へ移行しやすくなり、長期間の就労が可能となります。これにより、企業は経験豊富な労働者を安定的に確保でき、サービスの質向上や業務効率の改善が期待されます。


しかし、特定技能2号の導入には試験や認定手続きの負担が増えるという課題もあります。企業は関連法規やガイドラインを正確に理解し、適切に対応する必要があります。


今後の展望として、特定技能2号の導入により、人材の質と量の両面で改善が見込まれます。政府も支援プログラムや助成金の提供を検討しており、特定技能制度を活用した外国人労働者の受け入れがさらに促進されるでしょう。


企業は労働環境の改善や日本語教育、キャリアアップ支援を行い、外国人労働者が長期にわたり安心して働ける環境を整えることが重要です。これにより、企業の競争力向上にも繋がります。


09.まとめ



特定技能「外食業」の全体像と今後の展望


特定技能「外食業」は、日本の人手不足を補うために2019年4月に導入された在留資格制度です。この制度により、外食業界で一定の技能を持つ外国人労働者を受け入れられるようになりました。特定技能1号では基本的な調理や接客業務に従事でき、特定技能2号に移行すると、さらに高度な業務や長期間の就労が可能です。


取得には、外食業特定技能1号技能測定試験と日本語能力試験に合格する必要があります。技能実習2号を良好に修了した者は試験が免除されます。特定技能の外国人労働者は飲食物の調理や接客、店舗管理などに従事しますが、接待や風俗営業関連の業務は禁止されています。賃金は日本人と同等以上、雇用形態は直接雇用が必要です。


今後は特定技能制度の拡充と特定技能2号の導入により、外食業界での外国人労働者の役割がさらに重要になります。政府は受け入れ支援策を強化し、企業には日本語教育や職場環境改善が求められます。特定技能制度は企業にとって外国人労働者の技能を活かし、競争力を高めるチャンスです。


 

GLORY OF BRIDGEでは

今回、解説した特定技能をはじめ、各国の優秀な人材を紹介する外国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。



閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page