top of page
検索
  • sou takahashi

【2024年最新】育成就労制度解説:技能実習廃止と特定技能への影響



育成就労制度について、詳細が分からないとお悩みではありませんか?


技能実習制度が廃止され、新たに育成就労制度が導入されることになりました。2024年2月9日の政府方針により、2027年から開始される予定です。なお3年間の移行期間を設ける方針があると報じられており、新制度への完全移行は2030年頃になる見通しです。


この変革が多くの企業に新たな課題と機会をもたらす中、本記事では、育成就労制度の具体的内容、技能実習制度からの移行プロセス、そしてこれが企業にどのような影響を及ぼすかを詳しく解説します。制度の詳細を理解し、適切な対策を講じることで、あなたの企業が外国人労働力の効果的な活用を図れるよう支援します。


01.育成就労制度の導入背景




技能実習制度の多くの問題点を解決するために導入された育成就労制度は、外国人労働者の権利保護を強化し、彼らのキャリア形成とスキル向上を支援することを目的としています。この新制度は、労働市場の透明性を高め、外国人労働者と日本企業双方に公平な労働環境を提供するために設計されました。


技能実習制度の問題点と改正の必要性



技能実習制度の問題点

技能実習制度は、外国人労働者の人権問題や劣悪な労働条件、様々な悪用事例が報告されており、国内外から多大な批判を受けていました。労働者の過酷な労働環境、賃金の不払い、人身取引に近いケースも見られ、国際社会からの信頼を失う事態に至っていました。これに対し、日本政府は国際的な基準に則った、より人道的で透明性の高い労働支援制度の必要性を痛感し、制度の全面的な見直しを迫られることになりました。



技能実習制度の改正の必要性


改正法の概要(育成就労制度の創設等)|厚生労働省


政府の新方針と育成就労制度の目的


新制度「育成就労制度」は、外国人労働者のスキル向上とキャリア形成を支援し、日本での長期的な就労を促進することを目的としています。政府は、外国人労働者が安心して働き、学び、生活できる環境を提供することで、国際的な人材市場で競争力を保ちつつ、国内産業の人手不足を解消する狙いがあります。また、制度の透明性を高めることで、国際社会からの信頼回復を図ります。具体的には、労働条件の明確化、適切な労働支援体制の構築、そして労働者の権利保護を徹底することが盛り込まれています。


02.育成就労制度の主要な特徴




育成就労制度は、外国人労働者のキャリア支援とスキル向上を目的としており、技能実習制度の進化形として設計されました。この新制度は、労働者の転職自由を保証し、適切なキャリアパスを提供することに重点を置いています。また、企業と労働者双方にとって公平で持続可能な労働環境を促進するための多くの新しい特徴を含んでいます。


新制度の基本構造と対象職種


育成就労制度は、特に技術や専門知識を要する分野に焦点を当て、外国人労働者がそのスキルを日本で活用し、さらに向上させることができるよう設計されています。制度は、建設、介護、農業など、特定の職種を対象とし、これらの分野での人手不足を緩和することを目指しています。労働者は専門的な研修を受けることにより、その職種における資格や認定を取得する道が整備されています。


育成就労制度の対象職種

転籍と在留資格の新ルール


育成就労制度では、労働者のキャリアパスと自立を重視しています。そのため、制度の下では、一定の条件を満たす労働者が他の職場へ転籍することが可能です。これにより、労働者は自身の能力と適性に合ったより良い労働環境を選択することができます。また、在留資格の規定も見直され、労働者がより長期間、安定して日本で働けるようになります。これは、日本での経験を積んだ外国人労働力が、継続してそのスキルを日本の産業に貢献するための基盤を強化することを意味しています。


03.技能実習制度から育成就労制度への移行プロセス




技能実習制度から育成就労制度への移行は、既存の技能実習生に対して影響を最小限に抑えつつ、新しい法規とサポートプログラムを導入することを目指しています。このプロセスは、労働者が新制度の下での権利と機会を完全に理解し利用できるように設計されており、彼らのキャリアの持続可能な発展を支援するための重要なステップとなります。


既存技能実習生の移行計画


政府は既存の技能実習生が新制度へスムーズに移行できるように、具体的なプランを準備しています。これには、技能実習生がこれまでに蓄積した経験や技能が新制度で認められるための評価プロセスが含まれます。また、必要に応じて追加の研修や教育が提供されることで、彼らが新しい職場環境に適応し、より高い職業的地位を目指すことが可能になります。


移行プロセスのステップ


技能及び言語の評価

技能実習終了後、実習生は特定技能ビザ取得のための技能評価試験及び日本語能力試験を受験する必要があります。これらの試験は、実習生が日本の労働市場で求められる基本的な技能及びコミュニケーション能力を持っているかを確認するためのものです。


雇用契約の確保

技能試験合格後、実習生は特定技能の雇用契約を締結する必要があります。この契約は、特定技能ビザの要件として認められた職種に限られます。


ビザの申請と取得

雇用契約が確保された後、実習生は特定技能ビザの申請を行います。このビザは、最大5年まで更新可能で、日本での長期的な就労を可能にします。


就労開始

特定技能ビザが承認されると、技能実習生は新しい職種での就労を開始できます。このステップでは、新しい職場でのオリエンテーションや研修が含まれることもあります。


法改正と施行時期の詳細


新制度の法的枠組みは2024年に最終化され、同年中に施行される予定です。具体的な施行時期とともに、関連する法律や規制の詳細が公開されます。(2027年開始予定/移行期間3年、新制度への完全移行は2030年頃)これには、外国人労働者の雇用に関する新たなガイドラインとコンプライアンス要件が含まれるため、企業はこれに基づいて人事戦略を再構築する必要があります。


政府はこの移行期間中、企業が新しいシステムに適応できるように様々な支援を提供する計画です。


04.特定技能制度との連携と相違点




育成就労制度と特定技能制度は、それぞれ異なる目的と機能を持ちながら、外国人労働者の支援において互いに補完的な役割を果たしています。両制度は、労働者のスキル向上とキャリア構築を支援するために設計されており、日本の労働市場における人手不足を解消し、多様な業界での労働力を確保することを目指しています。


特定技能と育成就労の比較



特定技能と育成就労の比較

育成就労制度と特定技能制度は、外国人労働者を支援する点では共通していますが、対象とする職種や支援の範囲には大きな違いがあります。特定技能制度は主に労働力不足が顕著な特定の業界に焦点を当てているのに対し、育成就労制度はより広範な職種を対象に、労働者の長期的なキャリア形成とスキル向上を目的としています。また、育成就労制度は労働者の転職やキャリアアップを積極的に支援する点で、特定技能制度とは異なります。


両制度のシナジー効果と予想される問題点


これら二つの制度は、労働市場において互いに補完的な役割を果たすことができます。たとえば、特定技能制度により初期の職業訓練を受けた外国人労働者が、さらに高度な技能を求めて育成就労制度に移行することが可能です。しかしながら、制度間の連携には明確なガイドラインと支援体制の整備が不可欠であり、この点が未整備であると、労働者が制度間で適切に移行することに障壁が生じる可能性があります。政府はこの問題を解決するために、制度間のインターフェースを強化する措置を講じる必要があります。


05.育成就労制度が企業に与える影響




育成就労制度の導入により、企業の人材戦略に重要な変化がもたらされます。この新制度は、外国人労働力の管理と活用方法に新たな課題と機会を提供し、企業がグローバルな競争力を維持し拡大するための支援を行います。労働市場のダイナミクスが変わる中で、企業はこれらの変化に適応し、外国人労働者の潜在能力を最大限に引き出すための戦略を見直す必要があります。


人材確保戦略としての意義とチャレンジ


育成就労制度は、企業にとって外国人労働力をより効果的に活用する新たな機会を提供します。特に、専門技能を持つ労働者の確保が可能になることで、技術的な要件が高いプロジェクトや新事業の展開が容易になります。しかし、新制度には高度なコンプライアンス要件が伴うため、企業はこれに適応するための内部体制の強化が求められます。また、労働市場の変動に迅速に対応するための柔軟な人事戦略も必要とされています。


実務への応用と企業の準備事項


企業は、新しい制度の下で外国人労働者を雇用する際に、複数の準備を整える必要があります。これには、労働契約の見直し、労働条件の調整、そして新しいコンプライアンス要件への対応が含まれます。また、外国人労働者の継続的な教育とサポート体制の構築も重要です。以下に詳細をまとめました。これにより、労働者が新しい職場環境に順応し、長期的に企業に貢献することが可能になります。


実務への応用


制度の理解と遵守

企業は、特定技能ビザや技能実習制度の法的要件を徹底的に理解し、これを遵守する必要があります。これには、労働条件、最低賃金、労働時間、安全基準の遵守が含まれます。


適切な候補者の選定と採用

労働市場のニーズに応じて、適切な技能を持つ実習生や特定技能労働者を選定し、採用プロセスを行う必要があります。これには、言語能力や技能レベルの評価が含まれます。


オンボーディングと継続的なサポート

新たに採用された労働者が企業文化に馴染み、最大限のパフォーマンスを発揮できるように、適切なオンボーディングプログラムを提供することが重要です。また、言語教育や職業訓練を含む継続的なサポートも提供する必要があります。


多文化共生の促進

労働環境において異文化間の理解と尊重を促進するための方策を講じること。これには、多文化共生を促進するためのワークショップやトレーニングが含まれることがあります。


企業の準備すべきポイント


内部ポリシーの整備

外国人労働者の受け入れに際して、内部のポリシーを整備し、労働者が直面する可能性のある問題に対応する準備を整える必要があります。これには、ハラスメント防止策や紛争解決プロセスの設計が含まれます。


人事管理の適応

外国人労働者の特性に合わせた人事管理戦略を採用し、異なるバックグラウンドを持つ労働者のニーズに対応するための制度を導入します。


コミュニケーションの改善

労働者との効果的なコミュニケーションを確保するために、言語だけでなく非言語的なコミュニケーション手法も考慮する必要があります。


リスク管理とコンプライアンス

法的リスクやコンプライアンス違反のリスクを最小限に抑えるために、定期的な監査と評価を行い、必要に応じて制度の改善を図ることが必要です。



06.まとめと今後の展望



育成就労制度の全面的な導入は、日本の労働市場に長期的な影響を与えると同時に、企業と労働者に新たな機会を提供します。この制度は、労働環境の改善と外国人労働者の権利保護を強化することで、より公平で持続可能な労働市場を目指しています。


今後、企業はこれらの変化に適応し、多文化共生の実現に向けた取り組みを進めていく必要があります。


制度改正の期待される成果と課題


育成就労制度は、外国人労働者の権利保護と職業的な成長を促進することにより、日本の国際的な競争力を高めることが期待されます。また、人手不足が顕著な産業においては、この制度が労働供給の安定化に寄与することで、経済全体の持続可能な成長が促進されることも予想されます。しかし、新制度の成功は、政府、企業、そして労働者自身の協力に大きく依存します。制度の複雑性と新しい要求に対応するための継続的な教育と情報提供が欠かせません。


長期的な労働市場への影響予測


育成就労制度が完全に機能するには数年が必要とされますが、その影響は広範にわたることが予想されます。特に、外国人労働者の質の向上と職業移動の自由化は、日本の労働市場に新たな活力をもたらす可能性があります。長期的には、これにより労働市場の効率性が向上し、国内外の投資家からの信頼が高まることが期待されます。しかし、この変革がもたらす文化的な挑戦や社会的な調整も同時に考慮する必要があります。政府はこれらの変化に対応するための政策とフレームワークを提供し、全ての関係者が新しい制度のメリットを最大限に活用できるよう支援する役割が求められています。


 

 


GLORY OF BRIDGEでは

今回、解説した育成就労制度をはじめ、各国の優秀な人材を紹介する国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。





תגובות


bottom of page