top of page
検索
  • sou takahashi

特定技能脱退一時金の申請手続きと再入国時の注意点



特定技能外国人の脱退一時金制度は、日本で働いた外国人労働者にとって重要な経済的支援です。この制度により、帰国時に納めた年金保険料の一部が返還されます。しかし、手続きの複雑さや再入国時の再認定計画申請など、いくつかの課題も存在します。


本記事では、特定技能脱退一時金の詳細や手続きのポイント、再雇用に関する注意点を解説します。制度を正確に理解し、適切な手続きを踏むことで、スムーズな再雇用と安心感を得ることができます。


特定技能の脱退一時金とは?



特定技能の脱退一時金は、外国人労働者が日本で働いた期間に納めた年金保険料の一部を帰国時に返還する制度です。仕組みや手続きのポイントについて詳しく解説します。


脱退一時金とはわかりやすく解説


脱退一時金とは、日本で働いた外国人労働者が、年金の受給資格期間である10年を満たさずに帰国する場合に、納めた年金保険料の一部を払い戻してもらえる制度です。この制度は、外国人労働者が日本で支払った年金保険料が無駄にならないようにするために設けられました。


国民年金の脱退一時金

例えば、外国人労働者が日本で3年間働いて年金保険料を納めた後に帰国する場合、その納めた保険料の一部を脱退一時金として受け取ることができます。支給額は、被保険者期間中の平均標準報酬額と支給率によって計算され、最長5年間分の保険料が対象となります。


脱退一時金の申請手続きは、まず退職し、日本国内の住所を有しない状態で出国する必要があります。そして、日本年金機構に請求書と必要書類を提出し、審査が行われます。申請から支給までは通常4ヶ月ほどかかります。


この制度を理解しておくことで、外国人労働者が帰国後に年金保険料の一部を受け取れる安心感を得ることができ、また、企業側も適切な説明を行うことで従業員の安心をサポートできます。




外国人年金脱退一時金の問題点


外国人年金脱退一時金の制度には、いくつかの問題点があります。

問題点

詳細

手続きの複雑さ

脱退一時金を受け取るためには、退職後に日本を出国し、日本年金機構に請求書と必要書類を提出する必要がある。書類に不備があると支給が遅れる可能性がある。

支給額の計算の難しさ

脱退一時金の支給額は、被保険者期間の平均標準報酬額と支給率によって計算されるが、計算方法が複雑で、外国人労働者が正確に理解するのが難しい。

年金加入期間の無効化

脱退一時金を受け取ると、その期間の年金加入期間が無効になるため、将来的に日本で再度働く場合に不利益を被る可能性がある。

慎重な判断の必要性

再度日本で働く予定がある外国人労働者にとっては、脱退一時金を受け取るかどうか慎重に判断する必要がある。

企業の対応の重要性

企業側は外国人労働者に対して、脱退一時金制度の利点と欠点をしっかりと説明し、適切なサポートを提供することが求められる。

特定技能外国人の脱退一時金制度は、経済的支援となるが、手続きの複雑さや再雇用時の注意点が多く、企業と労働者双方の正確な理解と適切な対応が求められます。



支給対象者と条件


脱退一時金の支給対象者と条件。この制度を利用するために必要な条件を明確にすることで、外国人労働者がスムーズに申請できるようになります。


  • 支給対象者

  • 日本国籍を持たない外国人労働者

  • 日本の年金制度に6ヶ月以上10年未満加入していること

  • 障害年金の受給資格がないこと

  • 日本国内に住所がないこと

  • 日本に住所を保有しなくなった日から2年以内であること


  • 支給条件

  • 日本の年金制度に6ヶ月以上10年未満加入していること

  • 日本に住所を保有しなくなった日から2年以内であること

  • 障害基礎年金、障害厚生年金などの年金を受けたことがないこと

  • 最後に社会保険の資格を喪失した日から2年以上経過していないこと


必要書類


脱退一時金を請求する際には、以下の書類を準備する必要があります。


1. 脱退一時金請求書(国民年金/厚生年金保険)


  • 日本語と外国語で書かれた請求書です。以下の言語に対応しています:

  • 英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、インドネシア語、フィリピン語(タガログ語)、タイ語、ベトナム語、ミャンマー語、カンボジア語、ロシア語、ネパール語、モンゴル語


  • 請求書は日本年金機構のウェブサイト「脱退一時金に関する手続きをおこなうとき」からダウンロードできます。また、「ねんきんダイヤル」に電話をすると郵送で送ってもらうことも可能です。年金事務所、年金相談センター、市区町村、国際化協会でも入手できます。


2.添付書類

書類名

確認事項

パスポートの写し

氏名、生年月日、国籍、署名、在留資格の確認ページが必要です。これは本人が請求していることを確認するためです。

日本国内に住所を有しないことを証明する書類

住民票の除票の写しやパスポートの出国日が確認できるページの写しなど。これは日本を出国していることの確認です。 ※帰国前に市区町村に転出届を提出している場合は不要です。ただし、日本年金機構が外国人のアルファベット氏名の管理を開始した「平成24年7月」以前から被保険者である場合など、日本年金機構でアルファベット氏名を把握しておらず、住民票の消除情報を確認できない場合には、上記書類の提出が必要です。

受取先金融機関の情報

金融機関が発行した証明書や請求書の「銀行の証明」欄に銀行の証明でも可。受取可能な金融機関であること、および請求者本人名義の口座であることの確認が必要です。 ※日本国内の金融機関で受け取る場合、口座名義がカタカナで登録されていることが必要です。 ※ゆうちょ銀行および一部インターネット専業銀行では脱退一時金を受け取ることができません。

基礎年金番号通知書または年金手帳

基礎年金番号を明らかにすることができる書類が必要です。これは年金の加入期間の確認のためです。

委任状(代理人が請求手続きを行う場合)

受任者からの請求手続きであることを確認するための書類です。 詳細は日本年金機構のウェブサイト「代理人を通じて、脱退一時金の請求を行うことはできますか?」を参照ください。



特定技能脱退一時金の適用条件と例外



特定技能脱退一時金の適用条件や例外について説明します。条件を理解することで、適切な手続きを行うことができます。


外国人が年金10年以上加入して帰国する場合


外国人が日本で10年以上年金に加入してから帰国する場合、老齢年金を受け取る資格を得ることができます。この場合、脱退一時金ではなく、老齢年金の受給を選択することが一般的です。


日本の年金制度では、老齢年金を受給するためには、10年以上の年金保険料納付期間が必要です。外国人労働者が10年以上日本で働き、年金保険料を納めた場合、帰国後も老齢年金を受給することが可能です。この受給資格を得るためには、以下の条件を満たす必要があります。


  1. 10年以上の被保険者期間を持つこと:日本の公的年金制度に10年以上加入していることが求められます。

  2. 年齢条件を満たすこと:年金受給開始年齢に達している必要があります。通常、この年齢は65歳ですが、場合によっては早期受給が可能な場合もあります。

  3. 日本国外に住所を持つこと:受給資格を得た後、日本を離れ、国外に住んでいる場合でも年金を受け取ることができます。


このように、年金保険料を10年以上納付している外国人労働者は、老齢年金を受給することができ、脱退一時金を選択する必要はありません。老齢年金の受給資格を得ることで、長期的な経済的安定を図ることができます。


老齢年金を受け取るための手続きは、退職後に日本年金機構に申請を行い、必要な書類を提出することで進められます。これにより、外国人労働者は帰国後も日本での年金保険料納付が無駄にならず、将来の生活を支える資金として利用することができます。


支給対象外となる場合


以下の条件に該当する場合、脱退一時金の支給対象外となります。この情報を理解しておくことで、支給対象外のケースを避けることができます。


  1. 国民年金の被保険者であるとき

  2. 日本国内に住所を有するとき

  3. 障害基礎年金、障害厚生年金などの年金を受けたことがあるとき

  4. 最後に社会保険の資格を喪失した日から2年以上経過しているとき


脱退一時金の手続き方法


脱退一時金請求書の記入例

項目

内容

具体例

個人情報

名、生年月日、国籍、パスポート番号などを正確に記入

パスポートの名前と同じ表記を使用し、漢字やアルファベットを間違えないようにする

加入期間の確認

日本で年金に加入していた期間を正確に記載

年金手帳や基礎年金番号通知書を参考に、加入期間を記入

受取金融機関の情報

銀行口座の情報を正確に記入

銀行名、支店名、口座番号、口座名義人を記載(例:「三菱UFJ銀行、新宿支店、口座番号12345678、名義人タロウヤマダ」)

署名と日付

署名と日付を忘れずに記入

署名と日付を記入し、請求書が正式なものとして受理される準備を整える


技能実習生の脱退一時金手続き


技能実習生が脱退一時金を受け取るためには、正確な手続きが必要です。以下に、具体的なステップを説明します。

手順

内容

退職手続き

技能実習生が脱退一時金を受け取るためには、現在の雇用を終了する必要があります。雇用主に退職の意向を伝え、正式に退職手続きを進めます。

住民票の除票取得

日本国内に住所を持たなくなることを証明するための書類です。市区町村役場で手続きを行い、除票を取得します。

日本を出国

脱退一時金を請求するためには、日本を出国していることが条件となります。出国日が確認できるパスポートのスタンプページを準備します。


出国後、脱退一時金請求書を記入し、日本年金機構に提出します。この際、請求書と一緒に以下の書類も提出します。


  • パスポートの写し

  • 住民票の除票

  • 受取金融機関の情報


最後に、支給の確認です。日本年金機構からの審査が完了すると、指定した銀行口座に脱退一時金が振り込まれます。通常、申請から支給までに約4ヶ月かかります。

これらの手続きを順を追って行うことで、技能実習生は脱退一時金を確実に受け取ることができます。


国土交通省への手続きの注意点


特定技能外国人が脱退一時金を取得するために一時帰国する場合、国土交通省への手続きが重要です。適切に手続きを行わないと、再入国や就労再開時に問題が発生する可能性があります。以下に具体的な注意点を説明します。

これらの注意点を守り、適切に手続きを行うことで、特定技能外国人がスムーズに脱退一時金を受け取り、再入国後も円滑に就労を再開できるようになります。


提出先・提出方法・提出時期


脱退一時金の申請手続きは、日本年金機構本部や各共済組合等に郵送または電子申請で行い、出国後2年以内に提出する必要があります。

項目

詳細

提出先

日本年金機構本部または各共済組合等 加入していた制度およびその期間により提出先が異なるため、事前に確認が必要です

提出方法

郵送・電子申請 旅行など就労以外の目的で来日した場合には、年金事務所または街角の年金相談センターの窓口での提出が可能です

提出時期

短期滞在の外国人が日本の住所をなくして出国後2年以内


厚生年金脱退一時金の計算方法


脱退一時金の手続き方法について詳しく説明します。正確な手続きを行うことで、外国人労働者がスムーズに脱退一時金を受け取ることができるようになります。


厚生年金脱退一時金の計算方法


厚生年金脱退一時金の計算方法は、外国人労働者が日本で働いた期間の平均標準報酬額と支給率を基に算出されます。具体的な計算方法は以下の通りです。


1.平均標準報酬額の算出

2003年4月以前の期間

標準報酬月額に1.3を乗じた額を使用

2003年4月以降の期間

標準報酬月額および標準賞与額の合計を使用

2.支給率の計算

計算方法

最終月の前年10月の保険料率の半分に、被保険者期間に応じた数を乗じる

2023年の保険料率が18.3%の場合、支給率はその半分の9.15%


3.支給額の計算式

計算式

支給額 = 平均標準報酬額 × 支給率 × 被保険者期間に応じた数


4.計算例

条件

被保険者期間が36ヶ月、平均標準報酬額が200,000円、支給率が9.15%

支給額

200,000円 × 0.0915 × 36 = 658,800円


脱退一時金はいくらもらえる?


脱退一時金がいくらもらえるかは、被保険者期間とその間の平均標準報酬額によって決まります。具体的には、以下の要素が影響します。


1.被保険者期間

影響

日本で働いた期間が長いほど、支給額は増加

制限

支給対象期間は最大60ヶ月(5年)

2.平均標準報酬額

影響

被保険者期間中の給与や賞与の平均額。給与が高いほど支給額も高くなる

3.計算例


  • 条件: 被保険者期間が5年、平均標準報酬額が月200,000円、支給率が9.15%

  • 計算式: 支給額 = 200,000円 × 0.0915 × 60

  • 結果: 支給額 = 1,098,000円


このように、脱退一時金の額は労働者の給与水準と勤務期間によって異なります。正確な金額を知るためには、自分の具体的なデータをもとに計算する必要があります。


脱退一時金の支給上限と変更点


脱退一時金の支給上限とその変更点について説明します。以前の制度では、脱退一時金の支給上限は36ヶ月(3年)でした。しかし、2021年4月に制度が改正され、支給上限が60ヶ月(5年)に引き上げられました。


この変更の背景には、特定技能1号の創設に伴い、外国人労働者の在留期間が最大5年に延長されたことがあります。また、これにより、多くの外国人労働者が脱退一時金を受け取る機会が増えました。


支給上限の引き上げにより、外国人労働者はより長期間の年金保険料を受け取ることができるようになりました。例えば、以前は3年分の保険料しか支給対象にならなかったのが、現在では5年分の保険料が支給対象となります。


これにより、外国人労働者が帰国後に受け取る脱退一時金の額も増加するため、より多くの経済的支援を得ることができます。この制度変更は、外国人労働者にとって大きなメリットとなり、働きながら安心して将来の計画を立てる助けとなるでしょう。


脱退一時金を受け取る際の注意点


脱退一時金を受け取る際には、年金加入期間の無効化や所得税の課税など、いくつかの重要な注意点があります。これらを理解し、適切に対処することが大切です。


脱退一時金を受け取るとどうなるのか?


脱退一時金を受け取ると、外国人労働者は日本で支払った年金保険料の一部を返還される形になります。この制度は、日本で働いた期間に対する補償として非常に有益です。しかし、いくつかの重要な影響もあります。


まず、年金加入期間の無効化があります。脱退一時金を受け取ると、その支給額の計算に使用された期間は、年金加入期間としてカウントされなくなります。これは、将来的に日本で再度働くことを計画している場合に影響を及ぼします。具体的には、再び日本で年金を受給する資格を得るために必要な10年の加入期間に含まれなくなるため、再度働き始める際には注意が必要です。


次に、一時金の受け取りによる所得税があります。脱退一時金は所得として扱われるため、所得税が課される場合があります。ただし、還付申告を行うことで、支払った所得税の一部または全部が還付されることもあります。


さらに、再入国と再雇用の計画が必要です。特に特定技能外国人の場合、脱退一時金を受け取るために一度日本を出国し、その後再入国して再度同じ職場で働く場合には、国土交通省への報告や再認定計画の申請が必要となります。これらの手続きを怠ると、再入国後に働くことができない場合があります。


脱退一時金を受け取ることで、短期的には経済的な支援を受けることができますが、将来的な計画や再度日本で働くことを考慮した上で、慎重に判断することが重要です。


厚生年金脱退一時金のデメリット


厚生年金脱退一時金には、いくつかのデメリットが存在します。これらのデメリットを理解し、適切に対処することが重要です。


  • 年金受給資格期間の喪失:

  • 脱退一時金を受け取ると、その期間は年金加入期間としてカウントされなくなります。

  • 将来的に日本で年金を受給する資格を得るために必要な10年の加入期間に影響を及ぼします。

  • 再度日本で長期的に働くことを計画している外国人労働者にとっては大きなデメリットとなります。

  • 手続きの煩雑さ:

  • 脱退一時金を受け取るためには、多くの書類を準備し、日本年金機構への提出が必要です。

  • これにはパスポートの写し、住民票の除票、受取金融機関の情報などが含まれます。

  • 手続きが複雑であり、書類に不備があると支給が遅れる可能性があります。

  • 再入国の手続き:

  • 特定技能外国人が脱退一時金を受け取るために一時帰国する場合、再度日本に入国して同じ職場で働くためには、国土交通省への報告や再認定計画の申請が必要です。

  • これらの手続きを怠ると、再入国後に働くことができない場合があります。

  • 所得税の課税:

  • 脱退一時金は所得として扱われるため、所得税が課されることがあります。

  • 還付申告を行うことで、支払った所得税の一部が還付される場合もありますが、手続きが必要となります。

  • 対策と慎重な判断の必要性:

  • これらのデメリットを理解し、適切に対処することで、脱退一時金の受け取りがスムーズに進むようになります。

  • 脱退一時金を受け取るかどうかは、長期的な計画と現在の状況を考慮して慎重に判断することが重要です。


特定技能外国人の再雇用手続き


特定技能外国人が一時帰国し再び日本で働くためには、適切な再認定許可と再雇用手続きが不可欠です。この記事では、具体的な手続きの流れと注意点について解説します。


再入国時の再認定許可の重要性


再入国時の再認定許可は、特定技能外国人が一時帰国後に日本で再び働くために非常に重要な手続きです。適切な手続きを行わないと、再入国後に就労が許可されない可能性があります。


まず、再認定許可とは何かを理解することが重要です。


  • 再認定許可は、特定技能外国人が一度退職し出国した後、再び同じ職場で働くために必要な認定手続きです。

  • これにより、雇用主と外国人労働者の双方が合法的に雇用関係を再開することができます。


次に、手続きの流れを見てみましょう。


  • 特定技能外国人が一時帰国する際、国土交通省の外国人就労管理システムに「退職報告」を行う必要があります。

  • その後、再入国後に再雇用する場合には、新たな認定計画の申請を行い、認定を受ける必要があります。

  • この手続きが完了しないと、再入国後に働くことができません。


また、再認定許可を得るためのタイミングも重要です。


  • 再認定許可が下りるまでには一定の時間がかかるため、再入国前に余裕を持って申請手続きを進める必要があります。

  • 再認定許可が下りる前に入国してしまうと、許可が下りるまでの間は働くことができないため、計画的なスケジュール管理が求められます。


最後に、手続きを怠った場合のリスクについても考慮する必要があります。


  • 再認定許可を得ずに再入国し、就労を開始した場合、法律違反となり、雇用主と労働者の双方に罰則が課される可能性があります。

  • これを防ぐためにも、正確な手続きを行うことが不可欠です。


再認定許可の重要性を理解し、適切な手続きを行うことで、特定技能外国人が円滑に再入国し、安心して再び日本で働くことができます。


特定技能外国人の一時帰国と再雇用


特定技能外国人が一時帰国する際の手続きと再雇用に関するプロセスは、スムーズに再入国して再び働くために非常に重要です。

手順

詳細

注意点

一時帰国の計画

特定技能外国人が一時帰国を決めた場合、事前に雇用主に通知し、退職手続きを行います。この際、国土交通省の外国人就労管理システムに退職報告を行う必要があります。

退職報告を行うことで、一時帰国と再入国のプロセスが公式に記録されます。

帰国中の準備

必要な書類を整えておくことが重要です。例えば、住民票の除票、パスポートの写し、雇用契約書のコピーなどが必要です。

再入国時に必要となるため、帰国前に確保しておきましょう。

再認定計画の申請

一時帰国後に再び同じ職場で働くためには、新たな認定計画を国土交通省に申請し、許可を得る必要があります。

認定が下りるまでには時間がかかるため、早めの申請が求められます。

再雇用の手続き

再入国後、新たな認定計画に基づいて再び雇用契約を結びます。雇用主は、再度外国人労働者の受け入れ報告を行う必要があります。

この手続きを怠ると、法的な問題が発生する可能性があります。

コミュニケーション

雇用主と外国人労働者の間で、帰国前から再入国後の計画について十分にコミュニケーションを取ることが重要です。

再雇用プロセスが円滑に進み、労働者が安心して働き続けることができます。

これにより、特定技能外国人の一時帰国と再雇用の手続きを適切に行うことで、再び日本で働く際のトラブルを防ぎ、スムーズな再雇用が実現できます。


まとめ


特定技能外国人の脱退一時金制度は、外国人労働者にとって重要な経済的支援です。この制度により、日本で働いた期間に納めた年金保険料の一部が帰国時に返還されます。ただし、手続きの複雑さや計算の難しさに加え、再入国時の再認定計画申請が必要であることなどの課題も存在します。


これらの手続きを怠ると再就労に支障が生じるため、労働者と企業の双方が制度を正確に理解し、適切な手続きを踏むことが求められます。この情報を元に、計画的な行動と正確な手続きが、円滑な再雇用と安心感の確保に繋がります。


 

GLORY OF BRIDGEでは

特定技能関する詳細情報をはじめ、各国の優秀な人材を紹介する外国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。





閲覧数:346回0件のコメント

Comments


bottom of page