top of page
検索
  • sou takahashi

JLPTとは?日本語能力試験の概要と受験メリットを解説



外国人労働者の採用を考えている際に、日本語能力の評価は重要なポイントです。特に、業務を円滑に進めるためには、労働者の日本語能力が一定のレベルに達していることが必要です。そんな時に役立つのが「JLPT(日本語能力試験)」です。


JLPTとは、日本語を母語としない方々の日本語能力を評価・認定するための試験です。本記事では、JLPTの概要や各レベルの詳細、受験方法、さらにはJLPT取得のメリットについて詳しく解説します。外国人労働者の採用を成功させるためには、JLPTの活用が欠かせません。


この記事を通じて、JLPTをどのように採用プロセスに組み込むべきかを理解し、貴社の人材戦略をより効果的にするためのヒントをお届けします。日本語能力を客観的に測る指標として、JLPTを活用し、優秀な人材を迎え入れるための準備を進めましょう。


JLPTとは


日本語能力試験の概要


日本語能力試験(JLPT:Japanese-Language Proficiency Test)は、日本語を母語としない方々の日本語能力を評価し、認定するための試験です。独立行政法人国際交流基金と公益財団法人日本国際教育支援協会が共同で運営しており、毎年7月と12月に世界各地で実施されています。試験は5段階のレベルに分かれており、N1が最も難易度が高く、N5が最も易しいレベルです。


試験の内容は、「言語知識(文字・語彙・文法)」「読解」「聴解」の3つの要素から構成されています。各要素の能力が一定の基準を満たしているかどうかで、合格か不合格が決まります。具体的には、受験者はマークシート方式の試験で、各設問に対して選択肢から正しい答えを選びます。試験時間はレベルごとに異なり、例えばN1の試験では、言語知識と読解に110分、聴解に60分が割り当てられています。



日本語能力試験の目的と歴史


日本語能力試験(JLPT)は、1984年に国際交流基金と日本国際教育支援協会によって開始されました。主な目的は、日本語を学ぶ非母語話者の言語能力を客観的に評価し、その能力を証明する手段を提供することです。この試験は、日本語学習者が自分の学習成果を確認し、さらに学習意欲を高めるための指標としても利用されています。



試験開始当初は、全世界で約7,000人が受験していましたが、現在では年間100万人以上が受験しています。これは、日本語能力試験が国際的に高い評価を受けており、多くの国や地域でその資格が認知されているためです。日本国内外の教育機関や企業も、JLPTの結果を採用や入学の基準の一つとして活用しています。


どんな人が受験する?


日本語能力試験(JLPT)は、日本語を母語としない方々が対象です。受験者は学生、ビジネスパーソン、移住希望者など多岐にわたります。例えば、日本の大学に留学を希望する外国人学生は、入学要件としてJLPTの特定のレベルに合格していることが求められる場合があります。また、日本企業で働くことを希望する外国人労働者も、仕事で必要な日本語能力を証明するために受験します。


さらに、移住や在留資格の申請においてもJLPTは重要な役割を果たします。日本での生活や仕事に必要な日本語能力を持っていることを証明するために、多くの外国人が受験しています。このように、JLPTは日本語学習者の幅広いニーズに応える試験として、世界中で受け入れられています。


日本語検定とJLPTの違い


日本語能力試験と日本語検定の対象者


日本語能力試験(JLPT)は、日本語を母語としない人を対象にした試験です。この試験は、日本語を学ぶ外国人の言語能力を測るために設けられています。例えば、日本に留学を希望する学生や、日本での就職を目指す外国人労働者が主な受験者です。また、海外の日系企業で働く人々や、日本で生活するために必要な日本語能力を証明したい人々も多く受験します。


一方、日本語検定は、日本語を使うすべての人を対象としています。これは日本語を母語とする人も含まれており、日本語の知識をより深く学びたい人や、正確な日本語を使えるようになりたい人が受験します。例えば、国内の小中学生、高校生、社会人などが主な受験者です。また、教育機関や企業内での日本語教育の一環としても利用されています。


JLPTと日本語検定の試験内容


JLPTの試験内容は、主に「言語知識(文字・語彙・文法)」「読解」「聴解」の3つの要素から構成されています。受験者は、各設問に対して選択肢から正しい答えを選びます。試験はN1からN5までの5段階に分かれており、N1が最も難易度が高く、N5が最も易しいレベルです。試験は年に2回、世界各地で実施されています。



日本語検定の試験内容は、漢字、表記、敬語、言葉の意味、語彙、文法の6つの領域に分かれています。さらに、読解問題も含まれます。この試験は、日本語を正しく使えるようになることを目的としているため、より広範な日本語の知識を問われます。試験は7級から1級までの7段階に分かれており、1級が最も難易度が高く、7級が最も易しいレベルです。試験は日本国内でのみ実施されます。



JLPTと日本語検定の評価方法


JLPTの評価方法は、各要素の得点が一定の基準を満たしているかどうかで決まります。試験はマークシート方式で行われ、合格か不合格かが判定されます。具体的には、「言語知識」「読解」「聴解」の各セクションで基準点以上を取得し、総合得点が合格ラインを超えていれば合格となります。


一方、日本語検定の評価方法は、得点による段階的な評価です。各領域の得点が一定の基準を満たしていれば、級が認定されます。例えば、1級は社会人上級レベル、2級は大学卒業レベル、3級は高校卒業レベルなど、各級に応じた評価基準が設定されています。各級の合格基準は得点によって決まるため、細かい能力差を把握しやすい特徴があります。


このように、JLPTと日本語検定はそれぞれ異なる目的と対象者に向けて設計されており、試験内容や評価方法にも違いがあります。どちらの試験を受けるべきかは、受験者の目的や必要とする日本語能力によって選ぶと良いでしょう。


日本語能力試験のレベルと難易度


日本語能力試験【N1の詳細】


日本語能力試験(JLPT)のN1は、最も難易度が高いレベルです。この試験は、幅広い場面で使われる日本語を理解し、適切に対応できるかどうかを評価します。具体的には、新聞の論説や専門的な文章、抽象度の高い文章を読み、内容や構成を正確に理解する能力が求められます。また、自然なスピードで行われる会話やニュース、講義を聴き取り、その内容や論理構成を詳細に把握することが必要です。


N1試験の構成は、「言語知識(文字・語彙・文法)」「読解」「聴解」の3つのセクションから成り立っています。試験時間は、言語知識と読解が110分、聴解が60分です。試験問題は多岐にわたり、論理的な思考力や高い読解力が求められます。このレベルに合格するためには、日常的な日本語の使用だけでなく、専門的な文章や高度な会話にも対応できる能力が必要です。


日本語能力試験【N2の詳細】


日本語能力試験(JLPT)のN2は、N1に次いで難易度が高いレベルです。N2は、日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面での日本語をある程度理解できる能力を評価します。具体的には、新聞や雑誌の記事、評論文などの論旨が明確な文章を読み、その内容を正確に把握する力が求められます。また、日常会話だけでなく、ニュースやドキュメンタリーなどの話の流れや登場人物の関係を理解することが必要です。


N2試験の構成も、「言語知識(文字・語彙・文法)」「読解」「聴解」の3つのセクションで構成されています。試験時間は、言語知識と読解が105分、聴解が50分です。問題の内容は、日常生活や仕事の場面で出会う言語を中心に出題されます。N2レベルでは、ビジネスシーンや日常生活において円滑なコミュニケーションを取るために必要な日本語力が求められます。



日本語能力試験【N3の詳細】


日本語能力試験(JLPT)のN3は、N2の次に位置する中級レベルの試験です。この試験は、日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できるかどうかを評価します。具体的には、日常会話や簡単な文章を理解し、コミュニケーションを取る能力が求められます。新聞や雑誌の見出しや短い記事を読み、その内容を大まかに把握する力が必要です。また、会話の流れや主要なポイントを理解し、適切に反応できる能力も試されます。


N3試験の構成も、「言語知識(文字・語彙・文法)」「読解」「聴解」の3つのセクションから成り立っています。試験時間は、言語知識が30分、読解が70分、聴解が40分です。問題は、日常生活で出会うさまざまな状況やトピックに基づいて出題されます。N3レベルでは、基礎的な日本語力を持ち、日常生活や仕事での簡単なコミュニケーションができることが期待されます。


このレベルに合格するためには、基本的な語彙や文法をしっかりと身につけ、日常会話や短い文章の読解練習を重ねることが重要です。N3を通過点として、さらに高いレベルの日本語能力を目指す学習者にとって、重要なステップとなる試験です。


N1・N2・N3の合格率と難易度


日本語能力試験(JLPT)のN1とN2の合格率と難易度は、受験者にとって重要な指標です。N1の合格率は30%前後で、これは試験の難易度が非常に高いことを示しています。多くの受験者が挑戦するものの、そのうちの約3人に1人しか合格できないため、十分な準備と高い日本語力が必要です。


一方、N2の合格率はおおよそ35〜40%程度です。N1に比べると若干高いものの、やはり難易度は高いと言えます。N2の試験内容も多岐にわたり、広範な日本語の知識と応用力が求められます。受験者の多くが、N2を通過点としてN1を目指すケースが多く見られますが、N2自体も十分に価値のある資格です。


日本語能力試験(JLPT)のN3もまた、多くの受験者にとって挑戦しがいのあるレベルです。N3の合格率は約47%で、N1やN2に比べると合格しやすいですが、それでもしっかりとした準備が求められます。N3は、日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できることが求められます。具体的には、日常会話や新聞の見出しなどの内容を理解し、少し複雑な表現にも対応できる能力が必要です。


N1

N2

N3

国内認定率(%)

24.3

26.4

42.0

海外認定率(%)

35.1

47.1

51.0

合計認定率(%)

30.2

37.3

47.0

これらのデータから分かるように、N1とN2の試験はどちらも高度な日本語能力を必要とし、合格するためには計画的な学習と実践が不可欠です。試験対策としては、過去問を活用したり、日常的に日本語を使用する環境を整えたりすることが効果的です。


日本語能力試験の受験方法と申し込み



日本語能力試験【N1の詳細】MyJLPTの利用方法


MyJLPTは、日本語能力試験(JLPT)の受験申し込みや成績確認を行うためのオンラインプラットフォームです。利用方法は以下の通りです。


まず、MyJLPTにアクセスし、新規登録を行います。必要な情報を入力し、アカウントを作成します。次に、作成したアカウントでログインし、受験申し込みを行います。申し込みフォームに必要事項を入力し、試験レベル、試験地などを選択します。支払い方法も選択でき、クレジットカードや銀行振込など複数のオプションがあります。


申し込みが完了すると、受験票が発行されます。受験票は試験当日に必要ですので、印刷して持参してください。試験後、成績もMyJLPTを通じて確認できます。試験結果は、試験日から数週間後に発表され、合否だけでなく詳細なスコアも確認できます。これにより、自分の弱点や今後の学習の方向性を把握することができます。


日本語能力試験(JLPT)の受験要件


日本語能力試験(JLPT)には、受験に際していくつかの要件があります。まず、試験は日本語を母語としない方を対象としています。日本国内外で幅広く受験可能で、受験資格に特別な制限はありません。各レベル(N1~N5)の試験内容に応じて、自分の日本語能力に合ったレベルを選択して受験することができます。


受験申込時には、MyJLPTでのアカウント登録が必要です。登録後、申し込みフォームに従い、必要事項を入力します。試験費用は、受験レベルに関係なく一律で設定されており、支払い方法はクレジットカードや銀行振込などが利用可能です。


また、特別な配慮が必要な受験者については、申請により対応が可能です。例えば、障がいや病気により試験に支障がある場合、点字や拡大文字、座席の配慮、試験時間の延長などの特別措置を申請できます。この場合、申請書類の提出が必要で、申し込み期間内に手続きを行う必要があります。


これらの要件を満たしていれば、誰でも日本語能力試験に挑戦することができます。受験者は事前に試験要項をよく確認し、適切な準備を進めましょう。


日本語能力試験を受けるメリット


日本語能力試験【N1の詳細】就職に有利なJLPT


日本語能力試験(JLPT)は、就職活動において非常に有利な資格です。特に日本の企業や日系企業での就職を目指す外国人にとって、JLPTのN1またはN2の資格を持っていることは、大きなアピールポイントになります。企業は、応募者の日本語能力を評価するために、この試験の結果を参考にすることが多いです。N1やN2の資格を持っていると、ビジネスの場面でもスムーズにコミュニケーションが取れる能力を証明することができます。


さらに、JLPTの資格は、単に日本語を理解する能力を示すだけでなく、長期間にわたって努力し、学習を続けてきた証拠としても評価されます。このため、企業はJLPTの合格者を採用することで、粘り強く学習を続けることができる人材を得ることができると考えています。これは、特に技術職や専門職において、重要なポイントとなります。


JLPTによる出入国管理の優遇


日本語能力試験(JLPT)の資格は、出入国管理においても優遇措置を受けるための重要なポイントです。日本政府は、優れた日本語能力を持つ高度外国人材を積極的に受け入れるため、特定の条件を満たした外国人に対して、出入国在留管理上の優遇措置を提供しています。具体的には、JLPTのN1資格を持つ外国人には15ポイント、N2資格を持つ外国人には10ポイントが付与され、これが高度外国人材ポイント制の一部として計算されます。


高度外国人材ポイント制とは、学歴、職歴、年収などの要素に基づいてポイントを付与し、その合計が一定の基準を超えると、在留資格の取得や更新が容易になる制度です。JLPTの資格を持つことは、このポイントを大幅に上げることができるため、特に日本での長期滞在や永住を希望する外国人にとって大きなメリットとなります。


JLPT取得がもたらす学習効果


JLPTを取得するための学習過程は、受験者にとって多くの学習効果をもたらします。まず、試験に合格するためには、幅広い日本語の知識が必要です。これには、語彙や文法の理解だけでなく、読解力や聴解力も含まれます。試験勉強を通じて、これらのスキルを総合的に向上させることができます。


さらに、JLPTの勉強を通じて得られるのは日本語能力だけではありません。学習を続けることで、自己管理能力や時間管理能力も向上します。試験のための計画を立て、毎日少しずつ学習を進めることで、目標に向かって着実に努力を続ける習慣が身につきます。この習慣は、仕事や他の学習活動にも良い影響を与えるでしょう。


また、JLPTの勉強を通じて日本の文化や社会についての理解も深まります。試験問題には、日常生活やビジネスの場面で使われる日本語が含まれているため、これを学ぶことで日本の習慣や考え方にも触れることができます。これにより、単に言葉を覚えるだけでなく、実際の生活や仕事の中で日本語を効果的に使うことができるようになります。


外国人採用における日本語能力試験の活用の注意点


実際の会話力とは乖離する場合がある


日本語能力試験(JLPT)の結果は、受験者の日本語能力を測る重要な指標ですが、実際の会話力とは乖離する場合があります。JLPTは主に読解力と聴解力を評価する試験であり、会話力を直接測定するものではありません。そのため、試験で高得点を取っていても、必ずしも流暢に会話できるとは限りません。


例えば、N1やN2に合格していても、実際のビジネスの場面で円滑にコミュニケーションが取れないことがあります。これは、試験がマークシート方式であるため、筆記や選択肢問題に強い受験者が有利になる一方、会話やスピーキングスキルが十分に評価されないためです。また、試験内容は限られた範囲の日本語に焦点を当てているため、実際のコミュニケーションで必要となるスキルと異なる部分もあります。


証明書を確認


日本語能力試験(JLPT)を受けた外国人を採用する際には、JLPTの証明書を確認することが重要です。この証明書は、受験者が特定のレベルに合格したことを公式に証明するものです。企業が求める日本語能力を持つ人材を見極めるためには、この証明書の提示を求めることが有効です。


証明書には、合格したレベルと受験日が記載されています。これにより、応募者の最新の日本語能力を確認することができます。ただし、証明書の確認だけでなく、実際の面接や会話を通じて応募者のコミュニケーション能力を評価することも重要です。証明書が示すのは試験の結果だけであり、実際の業務で必要とされる日本語能力やコミュニケーションスキルは、面接を通じて判断する必要があります。


採用後の日本語教育の必要性


外国人社員を採用した後、JLPTのレベルに応じて日本語教育を継続することが重要です。特にN3やN4レベルの日本語能力しか持っていない場合、日常的なコミュニケーションや専門的な業務を遂行するためには追加の日本語教育が必要です。


具体的には、ビジネス日本語や専門用語の習得が求められます。業務に関連する特定の用語やフレーズを学ぶことで、社員は職場でのコミュニケーションをスムーズに行えるようになります。また、日本文化や職場の慣習についての理解を深めるための教育も有効です。これにより、文化的な誤解やコミュニケーションのギャップを減らし、職場の一体感を高めることができます。


さらに、定期的な評価とフィードバックを行うことで、社員の日本語能力の進捗を確認し、必要に応じて教育内容を調整することが大切です。これにより、外国人社員が職場でより効果的に働けるよう支援することができます。


日本語能力試験の合格率と受験者数


日本語能力試験の合格率


N1

N2

N3

N4

N5

合計

国内 応募者数

46964

53872

37595

17542

2520

158493

国内 受験者数

41076

48551

33946

15424

2156

141153

国内 認定者数

9964

12828

14274

5934

1367

44367

国内 認定率(%)

24.3

26.4

42

38.5

63.4

31.4

海外 応募者数

59348

67023

52735

50508

38118

267732

海外 受験者数

49223

54542

41264

40120

30203

215352

海外 認定者数

17282

25677

21058

19389

16132

99538

海外 認定率(%)

35.1

47.1

51

48.3

53.4

46.2

合計 応募者数

106312

120895

90330

68050

40638

426225

合計 受験者数

90299

103093

75210

55544

32359

356505

合計 認定者数

27246

38505

35332

25323

17499

143905

合計 認定率(%)

30.2

37.3

47

45.6

54.1

40.4

日本語能力試験(JLPT)の合格率は、受験者の日本語能力を示す重要な指標です。合格率は試験のレベルによって異なります。最も難易度の高いN1の合格率はおおよそ30%前後です。これは、N1の試験が高度な日本語の理解力を求めるため、多くの受験者が挑戦しても合格するのは約3人に1人という難易度を示しています。


N2の合格率はN1に比べてやや高く、おおよそ35%から40%程度です。N2は日常的な日本語の理解に加え、より広範な場面で使われる日本語の理解力を評価します。N3からN5までのレベルでは、合格率はさらに高くなり、特にN5は最も基本的な日本語を理解するレベルであるため、合格率も高くなります。具体的には、N3は約50%、N4は約60%、N5は約70%の合格率となっています。


このように、JLPTの合格率はレベルごとに異なり、受験者の日本語能力や試験内容の難易度を反映しています。受験者は、自分の能力に合ったレベルを選び、十分な準備を行うことが重要です。


日本語能力試験の受験者数


日本語能力試験(JLPT)の受験者数は、毎年増加傾向にあります。2023年には、全世界で約1,265,435人が受験しました。これは、JLPTが日本語を学ぶ外国人にとって重要な試験であることを示しています。受験者数が多いのは、試験が日本国内だけでなく、海外の多くの国と地域でも実施されているためです。


具体的には、日本国内の受験者数は約236,547人で、海外の受験者数は約426,748人です。これは、JLPTがグローバルな試験であり、日本語を学ぶ人々にとって広く認知されていることを示しています。特にアジア地域では、日本語の需要が高く、多くの受験者が毎年試験に挑戦しています。


このような受験者数の増加は、JLPTの信頼性と重要性を裏付けるものです。受験者は、自分の日本語能力を客観的に評価し、資格を取得することで、就職や学業などに役立てることができます。


2024年の試験日程・場所


2024年の日本語能力試験(JLPT)の試験日程と場所についてご紹介します。JLPTは毎年2回、7月と12月に実施されます。2024年の試験日は、7月7日(日)と12月1日(日)に予定されています。受験者は、この日程に合わせて準備を進める必要があります。


試験場所は、日本国内外で多数の会場が設けられています。日本国内では、全国47都道府県で試験が実施されます。具体的な試験会場は、受験票が発行される際に通知されます。海外では、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、80以上の国と地域で試験が行われます。主要な都市や地域で試験が実施されるため、多くの受験者がアクセスしやすい環境が整っています。


試験会場の選択は、受験申し込み時に行います。申し込み期限や試験会場の詳細については、事前にJLPTの公式ウェブサイトで確認することが重要です。受験者は、試験当日に必要な書類や持ち物を忘れずに準備し、スムーズに試験を受けられるように計画を立てましょう。


まとめ


外国人労働者を採用する企業にとって、JLPTは採用基準の一部として非常に有効です。N1やN2レベルの資格を持つ人材は、高度な日本語能力を持っていることが証明され、ビジネスシーンでも即戦力として期待できます。


また、JLPTの資格は出入国管理における優遇措置にもつながり、高度外国人材の受け入れをスムーズにします。さらに、JLPTの取得を目指す過程で得られる学習効果や、日本文化への理解も深まるため、長期的に見て企業の戦力となるでしょう。


この記事を参考に、貴社の外国人採用においてJLPTを有効活用してください。


 

 GLORY OF BRIDGEでは

今回解説したJLPTをはじめ、各国の優秀な人材を紹介する外国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。




閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page