top of page
検索
  • 執筆者の写真康作 出村

特定技能制度について~日本の未来を支える新しい働き手~

特定技能制度は、2019年より導入され日本の産業界に新しい風を吹き込んでいる制度の一つです。この制度を通じて、さまざまな国からの優れた人材が日本の労働市場に参加しています。それでは、具体的にこの制度はどのようなものなのか簡単に解説していきます。


<特定技能人材について>

特定技能になる為には一定の要件があります。

1,日本で同業種で3年間技能実習の経験を良好に終了しているか

2,専門職の試験に合格しているか

3,日本語能力試験に合格しているか(JLPTN4もしくはJFT-Basic試験A2レベル合格)

※1,2に関してはどちらかが必要


<特定技能を受入れ出来る業種企業>

・外食業

・介護

・建設

・飲食料品製造業

・農業(耕種/畜産)

・漁業

・造船業

・自動車整備

・航空

・宿泊

・ビルクリーニング

・製造業の3分野(素形材産業・産業機械製造業・電気・電子情報関連産業)


特定技能制度は、日本の未来を豊かにするための大切な取り組みです。多様なバックグラウンドを持つ人々が集まり、互いの違いを尊重しながら協力して働く。そんな職場環境が、日本全体の発展に寄与するのです。

この記事を通じて、特定技能制度についての理解が深まり、さらなる関心が持たれることを願っています。

特定技能

<日本で働く為に勉強中の生徒さん達>

このような送り出し機関と呼ばれるセンターで特定技能として就業するために勉強しています。

弊社では様々な業種専門の送り出し機関と提携しております。

建設業




閲覧数:82回0件のコメント

留言


bottom of page