top of page
検索
  • alanaizumi1

ベトナム技能実習生:特定技能ビザでの長期就労を目指す

本記事では、技能実習生の基本的な概要、日本での労働環境や生活実態について解説しています。また、技能実習生と特定技能の制度の違いを比較し、ベトナムからの技能実習生がどのようにして特定技能ビザへ移行し、日本での長期就労を実現しているのかを詳しく探ります。



1. ベトナム技能実習生とは:基本的な概要

 

日本の産業界では労働力不足が深刻化していることから、海外からの技能実習生の受け入れが進み、特にベトナムからの技能実習生が多くなっています。技能実習生制度は、発展途上の国の人たちに日本での職業経験を通して技能や知識を学ばせ、母国の発展に貢献させるという国際貢献の意味合いもある仕組みです。具体的には、農業や建設、製造業をはじめとするさまざまな分野で、日本独特の技術やノウハウを体得してもらうことが目的です。



技能実習制度の目的と構造


技能実習制度は、日本国内での技能・技術の習得を目的として設けられた制度です。研修とは異なり、実習生は実際の職場で働くことで技能を修得します。この制度の最大の目的は、国際貢献を目指し、日本の技術やノウハウが他国で活かされることにあります。制度の構造は、外国人が第一種技能実習として最大1年間の研修を受けた後、最大4年間の技能実習を行うことが可能です。これにより、最長で5年間にわたって日本で働き、経験を積むことができるのです。また、この制度には厳しい基準があり、適正な受け入れや運用が求められます。


日本における技能実習生の主な業務と実態


日本の技能実習生は、主に農業、漁業、建設業、製造業といった分野で活動しています。これらの業務は、国内の労働力が不足しがちな領域です。実習生は、熟練した日本人作業員から直接指導を受けながら、専門的な技術を学ぶと共に、細かい作業手順や安全管理などを身につけていきます。しかしながら、一部で労働条件の悪さや長時間労働、十分な研修やトレーニングが不足しているという実態も報告されており、日本政府や関連機関は、技能実習生の権利保護や待遇改善に向けて取り組みを進めています。


技能実習生と特定技能の違い


「技能実習生」と「特定技能」ビザは、日本で働く外国人労働者に与えられる異なる資格です。技能実習生は、上述したように、特定の期間日本で働きながら技能を学ぶことが主眼ですが、特定技能は、実習生が一定の技能レベルに到達した後、より専門性が高く、即戦力として働くための在留資格です。特定技能ビザは、より長期間日本に滞在し、通常の雇用契約に基づく労働が可能になります。「特定技能1号」と「特定技能2号」があり、それぞれで職種や活動内容、滞在期間に違いがあります。


ベトナム人労働者の現状と選ばれる理由


ベトナムからの技能実習生は、日本の労働市場において非常に大きな割合を占めています。ベトナム人労働者が選ばれる理由としては、勤勉で素直、また技術を習得するための高い適応力が挙げられます。日本の企業はこれらの特性を高く評価しており、特に製造業においては、ベトナム人実習生が重要な役割を果たしています。加えて、日本語学習に対する意欲も高く、日本の企業文化や作業標準に順応する姿勢が好印象を与えています。


なぜベトナムからの技能実習生が多いのか?


ベトナムからの技能実習生が多くなっている背景には、ベトナムが経済発展を遂げている中で、多くの若者がより良い雇用機会を求めて日本へ来る動きがあります。また、日越両国の政府間での協定により、技能実習生の制度利用がスムーズに行われていることも一因です。ベトナムの人々は、家族の生活改善や社会的地位の向上を願い、技能習得という目的のもと、日本での就労を選んでいます。さらに、日本でもベトナム人が真面目で勤勉な労働者としての評価が高く、相互のニーズがマッチしていることが、多くのベトナム人実習生を惹きつける大きな理由となっています。


2. 技能実習生の労働環境と生活実態

 

ベトナムから日本へ来る技能実習生は、さまざまな産業で必要とされております。日本での労働環境や生活実態は、彼らにとって大きな課題となっています。労働条件や寮生活、日々の生活の中で起きる細かな困難を克服しながら、専門技能を学んでいくことは容易ではありません。このような実習生の環境にあって、日本側の受け入れ体制と共に、彼らの労働権を守るための法整備も急がれています。



給料と雇用の条件:技能実習生と特定技能の比較


技能実習生と特定技能外国人という二つの在留資格について比較をしてみますと、給料や雇用条件に明確な差が見られます。一般的には、特定技能の方が長期的な就労が見込まれるため、より良い待遇を確保しやすい傾向があります。それに対して技能実習生の給与は、日本人労働者と比べて低めに設定されがちであり、これは彼らの生活を苦しくしている一因になっています。


ベトナム人技能実習生の生活状況と支援制度


ベトナムから来た技能実習生は、言葉の壁や異なる文化、生活習慣の違いに直面しながら日本での生活を送っています。多くは住居を提供されることが多いですが、生活空間が狭かったり、プライバシーが確保されにくい状況もあるようです。また、食事や通信、移動手段など生活に必要な要素にも制限があり、心身のストレスを感じる実習生も少なくありません。こうした中で、彼らをサポートするための支援制度が整備されつつあり、言語教育や法律相談、緊急時の支援などが迅速かつ適切に提供されることが望まれています。


3. 特定技能への移行:技能実習からのステップアップ

 

技能実習生から特定技能ビザへの移行は、ベトナムを含む多くの国から来た労働者にとって、日本での長期就労の道を開く魅力的な選択肢です。この移行を成功させるためには、日本での技能実習期間を経て、さらにいくつかのステップを踏む必要があります。まず、移行を希望する技能実習生は、指定された技能評価試験に合格することが求められます。この試験は、彼らが実習期間中に習得した技術や知識が日本の産業で実際に活かせるレベルに達しているかを測るものです。加えて、日本語能力も重要な要素であり、コミュニケーション能力を証明するための日本語能力試験にも合格しなければなりません。これらの条件を満たすことで、技能実習生は特定技能ビザを取得し、日本での長期就労が可能になります。このプロセスは、彼らにとって新たなキャリアの機会を提供し、日本の産業に必要な継続的な労働力を確保する手段としても機能します。



技能評価って何?基本情報と必要性の解説


ベトナムから来た実習生たちが、日本での長期就労という目標に向かって進むには、厳格な技能評価をクリアしなければなりません。技能評価は、個々の技能実習生が特定の職種において必要な知識や技術、実務経験が十分にあるかをチェックするものです。この評価を行うことで、実習生が日本の企業で要求されるレベルに達しているかどうか確認されます。

また、評価の結果は特定技能ビザへの移行の判断材料として高い重要性を持ち、彼らの将来的なキャリアアップに直結するのです。このため、技能評価の必要性は非常に大きく、実習生自身だけでなく、彼らを受け入れる企業や機関にとっても、このプロセスをきちんと理解し準備することが求められています。


日本語能力試験

特定技能への移行における日本語能力試験は、技能実習生が日本での職場や社会生活に適応できるかを測る重要な要素です。特定技能ビザの申請者が通常受験するものには、主に以下の二つがあります


日本語能力試験(JLPT)

  •    レベル:N4またはN5が一般的ですが、特定技能ビザの要件によってはN3以     上が必要な場合もあります

  •    評価内容:読解、聞き取り、言語知識(文字・語彙・文法)を評価します。

  •    目的:日常的な日本語のコミュニケーション能力を測ることが目的です。


特定技能試験の日本語試験部分

  •    レベル:特定技能1号ビザでは、日本語能力試験N4レベル相当の能力が求められ ます。

  •    評価内容:特定技能ビザのための試験で、職場でのコミュニケーション能力を測    る試験も含まれることがあります。

  •    目的:職場で必要とされる基本的な日本語能力を確認するため。


これらの試験は、特定技能労働者が日本の職場環境に適応できるかどうかを評価するために設計されています。技能実習から特定技能ビザへの移行過程における重要なステップとなります。


在留資格変更の面接と要件の詳細


在留資格の変更申請にあたり、入管法に基づく面接が行われる場合があります。面接では、申請者の技能レベルや日本での就労に対する具体的な計画、これまでの実習内容などについて質問されることが一般的です。特に実習内容と特定技能との関連性や、日本語能力の程度、申請者の日本での生活や将来計画について深く掘り下げられることがあります。


4. 技能実習生と特定技能のポイント

 

ベトナムからの技能実習生に注目が集まっていますが、技能実習生と特定技能にはどのようなポイントがあるのでしょうか。まず、技能実習生に関しては、その狙いとしては、発展途上国の方々に日本の技術や知識を学んでもらい、自国で活かしてもらうことにあります。これに対して、特定技能というビザは、日本で不足している労働力を補うために生まれた制度です。技能実習生と異なり、単純労働の範囲も認められる場合が多く、長期就労にも対応しています。このように異なる背景と目的を持っているのが、両者の大きなポイントであると言えるでしょう。



どのような理由で外国人が注目されるのか?


外国人労働者が日本において注目される理由は、複数あります。日本社会は急速に高齢化が進み、労働人口が減少しています。そのため、産業を支えるために労働力不足を補う必要があるのです。ベトナムなどの発展途上国は若い労働者が多く、彼らは積極的に海外での就労を望んでおり、日本企業にとって魅力的な人材源となっています。また、国際的な技術競争力を保つためにも、優秀な外国人技術者に来日してもらい、日本の技術力を向上させることも必要です。このように経済的、人口学的、そして国際競争の視点から外国人労働者が注目される理由は多岐にわたっています。


日本企業にとっての特定技能人材の重要性


日本企業にとっての特定技能人材は欠かすことができない重要な存在となっています。特定技能ビザは、介護や建設業、農業など14の産業分野で不足している人材を補充することを目的に設けられました。これにより、日本企業は、国内で人手が不足している業務を円滑に進めるための貴重な労働力を確保できるようになります。さらに、外国人特定技能人材は、単に労働力としてだけでなく、新しい視点や発想をもたらし、企業の国際化や多様性の促進にも大きく貢献しています。このように、特定技能人材は、日本企業の成長と国際競争力の強化において重要な役割を果たしているのです。


5. まとめ

 

技能実習生は、国際貢献を目指し、日本の技術やノウハウが他国で活かされることを目的とした制度ですが、技能実習制度を経て特定技能ビザに移行することで、日本での長期就労とキャリアアップの機会を掴むことができ、日本の労働力不足を解消するためのステップとしても注目されています。

特定技能労働者は、必要な技術と日本語能力を備えているため、教育や研修の期間を大幅に短縮でき、効率的に業務に貢献することが可能です。また、この制度を利用することで、企業は国際化を進めることができ、多様な文化的背景を持つ従業員が新しい視点やアイデアをもたらし、組織全体の革新と成長を促進します。さらに、長期的な人材確保としても機能し、企業の持続可能な発展をサポートします。このように、特定技能ビザ制度はただ労働力を補うだけでなく、企業の競争力強化と国際的な事業展開を支える重要な戦略となり得るため、多くの企業にとって魅力的な選択肢です。



 


GLORY OF BRIDGEは

各国の優秀な人材を紹介する国際人材紹介事業を展開しています。また、登録支援機関として職業生活上、日常生活上・社会生活上の支援のサポートも実施しています。 

「特定技能外国人労働者の受け入れを検討している」「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談に乗ります。





閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page