top of page
検索
  • alanaizumi1

フィリピンの豊かな民族と文化 - 多様性を理解する

フィリピンは南国の海と豊かな自然に囲まれ、多くの民族が織り成す独自の文化を持っています。フィリピンという国の本質・その歴史や背景に迫りながら、フィリピン人の多様性と魅力を、この記事で一緒に探りましょう。



1. フィリピンとは?:基本情報の把握


 

フィリピンという言葉を耳にすると、美しいビーチやフレンドリーな国民性を思い浮かべるかもしれません。しかし、フィリピンはその景観だけでなく、様々な面で注目すべき国です。熱帯気候に恵まれた多島海国であり、その数は7000を超える島々から成り立っています。別名、「真珠のような島国」とも称されるその地は、豊かな自然資源と多様な民族文化が溶け合っている場所です。その文化の多様性は、多くの言語や宗教、祭りを通じて表現されています。経済的にもASEAN(東南アジア諸国連合)のメンバー国として成長を遂げており、世界でも注目を集めています。



フィリピン共和国の国旗や国民


フィリピン共和国の国旗は、その歴史と民族のアイデンティティを象徴するシンボルです。国旗は水平方向に赤・白・青の三色が配され、白い部分には太陽と三つの星が描かれています。太陽は自由を求めるフィリピン革命の8つの主要な地域を示し、3つの星は国を構成する3つの主要な地域群―ルソン、ビサヤス、ミンダナオを表します。また、国民の総称は「フィリピン人」と呼ばれており、その人々はアジアの国々でも特にフレンドリーでホスピタリティに富むことで知られています。彼らの基本となっている価値観は、家族を重んじることや共同体意識が強いことです。敬虔なキリスト教徒が多い一方で、イスラム教徒やその他の信仰を持つ人々もおり、信仰の自由が保障されているのも特徴のひとつです。


首都はどこ?地図で確認


フィリピンの首都はマニラです。マニラはルソン島に位置し、世界でも有数の人口密度を誇る大都市であるとともに、フィリピンの政治・経済・文化の中心地としての役割を担っています。地図で見るとマニラはフィリピンの北部にあることがわかります。マニラはモダンな都市構造と、スペイン時代からの歴史的建造物が融合する独特の雰囲気を持ち、多くの観光客を魅了しています。それだけでなく、首都圏を構成する都市部には多くのビジネス機会があり、国際的な事業の拠点としても重要な位置づけにあります。


面積、人口、主要都市


フィリピンの総面積は約30万平方キロメートルです。複数の島々から成る国土を持ち、その中でも特に大きな島はルソン、ミンダナオ、ネグロス、セブ、パナイ、パラワンなどがあります。人口は1億人を超えるとされ、ASEAN国家の中ではインドネシアに次いで2番目に人口の多い国です。主要都市としては、前述の首都マニラの他に、経済的中心のひとつであるセブ市や、マインドロン島のダバオ市があります。


2. フィリピンの歴史


 

フィリピンの歴史は、多くの外国の影響を経て形成されてきました。その中でも特にスペインの統治は、フィリピンの社会・文化に長期にわたり強い影響を与えた重要な時期でした。スペインの統治に続き、アメリカの経由、日本の占領を経て、1946年の独立に至るまでの過去を振り返ると、フィリピンのアイデンティティ形成における外国の影響が如実に現れています。それぞれの歴史的時期は国の発展に寄与するとともに、複雑な民族間の関係や政治的動向を生む原因ともなりました。




スペインによる統治と独立まで


フィリピンの歴史の中で非常に重要な時期とされるのが、スペインによる統治です。1521年にフェルディナンド・マゼランがこの地を発見してから、スペインは約333年の期間にわたってフィリピンを統治しました。この長い支配の期間にフィリピンは西洋文化の影響を大きく受け、カトリック教会が社会の主要な機関となるなど、宗教面で顕著な変化が見られました。また、スペインの名を冠するフィリピンの地名や、スペイン語を基盤とする姓など、今日に至るまでその名残を多く見ることができます。独立運動は、1896年に始まった革命によって加速され、エミリオ・アギナルド率いる革命軍が主導して1898年に独立宣言がなされました。しかし当時、スペインとアメリカとの間でパリ条約が締結され、アメリカの支配下に入ることとなりました。フィリピンの正式な独立はそれからずっと後の1946年7月4日になります。


フィリピンと日本の過去


古くから交易を通じた交流があったフィリピンと日本ですが、歴史の中で特に記憶に残るのは、第二次世界大戦中の日本によるフィリピン占領期です。戦争が終結した後、フィリピンは日本との和解を図る一方で日本からの独立を果たします。その後の両国関係は、一時的に冷え込むものの、相互の経済発展や国際社会での立場を弁えながら急速に回復しました。現在では、政治面での協力が活発に行われるとともに、文化交流も盛んです。


マルコス政権時代:2001年のポストマルコス


フィリピンの歴史において、別の大きな節目となったのがマルコス政権時代とその後です。1965年に就任したフェルディナンド・マルコスは、1972年に戒厳令を宣言し、独裁政治を強行しました。この時代、フィリピンは著しい経済発展を遂げる一方で、政治の腐敗や人権侵害など多くの問題に直面しました。マルコス政権は1986年のピープルパワー革命によって終焉を迎えます。これは民衆が主体となり、非暴力によって独裁政治に終止符を打った民主化の象徴的な出来事でした。その後もフィリピン政治は不安定な状態が継続し、2001年には別の大統領、ジョセフ・エストラーダが汚職疑惑により追放され、グロリア・マカパガル・アロヨが大統領に就任します。この政権交代は、民主的な選挙によるものではなく、再びピープルパワーによって引き起こされたものでした。


現代フィリピン政治の主要な動向


近年の主要な動向としては、2016年に就任したロドリゴ・ドゥテルテ大統領の強硬な麻薬撲滅政策が世界的な注目を集めました。この政策には国内外から人権侵害を理由に批判が集まりました。また、フィリピンは豊かな民族構成を持つため、各民族グループ間の和解や共存も政治的な優先課題となっています。フィリピン民主主義の今後の発展に向けて、これらの課題への取り組みが注視されています。


3. フィリピン民族とフィリピン文化


 

フィリピンは、その豊かな民族と文化を通して多様性が際立つ国です。7000以上の島々からなるフィリピンは、それぞれの地域ごとに異なる美しい文化を育んできました。多くの民族が共存し、さまざまな言語、風習、信仰が共存しており、これらがフィリピンの色彩をなしています。



豊かな民族構成とその特性


フィリピンは約175の民族から構成されており、それぞれが独自の言語や文化を有しています。例えば、北部の"イガロット"民族は米作りの祭りを有名にしている一方で、南部の"モロ"民族はイスラム教の影響を色濃く反映しています。これらの民族は、長い歴史の中で形成された独特の生活様式や伝統を守り続け、現代フィリピンの多様性を代表しています。


地域による文化の多様性


フィリピンの各地域はそれぞれが独自の文化を育んでいます。例えば、ルソン島の地域文化は山岳地帯の部族文化と平野部での農業文化の両面が存在します。また、ビサヤではフィエスタ文化が盛んで、セブ島などではキリスト教の影響を色濃く受けた行事が盛んです。ミンダナオ島などのいくつかの地域ではイスラム文化の影響が強く、その結果として異なる祝祭や儀式が行われています。このように、地域ごとの地理的、歴史的要素が文化の多様性に寄与しており、地域によっても異なる文化の発展を見ることができます。


4. フィリピン人の使用言語について


 

フィリピンは多言語国家です。フィリピンの公用語はフィリピノ語(タガログ語)と英語の2つがありますが、170種類以上の言語が話されています。各地域でそれぞれ独自の言語や方言が使用されており、その多様性はフィリピンの文化的な豊かさを物語っています。



フィリピンの公用語


フィリピンにおける公用語は、フィリピノ語と英語です。これらの言語は教育や政府機関など公式の場では頻繁に使用され、国内外のコミュニケーションに欠かせない存在となっています。フィリピノ語は、タガログ語を基に作られた言語であり、全国的に理解される共通語として位置付けられています。一方で、英語は国際的なビジネスや交流のために重要視される言語です。フィリピン人は学生時代から英語教育を受けますので、非常に高い英語運用能力を持つ国民が多いのです。


フィリピン人の英語力


フィリピン人は、かつてアメリカの統治下にあった歴史の影響で、一般的に高い英語力を持っています。学校教育で徹底的に英語が教えられるため、母国語であるフィリピノ語に加えて流暢な英語を話すことができるフィリピン人も多いです。これが国際ビジネスや観光業においてフィリピン人が活躍する一因になっており、BPO業界(ビジネスプロセスアウトソーシング)の拡大にも大きく寄与しているのです。


5. フィリピン人から見た日本の印象


 

日本への旅や移住を経験したフィリピン人は、日本の様々な側面について独自の印象を抱いています。清潔で秩序が整った街並み、礼儀正しい人々、そして高度な技術は、多くのフィリピン人にとって驚きであると同時に、尊敬の念を抱かせるものです。季節ごとに変わる自然景観や四季折々の祭事に触れることで、自然と調和する日本文化の豊かさに魅了される人も少なくありません。また、教育や医療の質の高さに感心する声も多く、生活するうえでの安定と信頼を感じているようです。また、治安の良さや先進国としての社会システムへの信頼感もあり、長期的な視点で生活基盤を築く上での安心感があります。また、フィリピンと日本の文化交流が盛んであることから、フィリピンの伝統や価値観を尊重しながらも、新たな生活環境に適応しやすいという意見もあります。



6. フィリピン人雇用のメリット


 

フィリピン人を雇用することで、日本の企業は多くのメリットを享受できます。まず、フィリピンは世界で最も英語能力が高い国の一つとして知られています。フィリピン人の英語力はビジネスコミュニケーションの場で大きなアドバンテージとなります。また、フィリピン人は豊かな民族の背景を持つため、多文化環境への適応力が高く、国際色豊かな職場の構築に貢献できるのです。さらに、フィリピン人は真面目で勤勉な働き方が評価され、日本の労働市場においても頼りにされる存在となっています。



フィリピン人の日本での就労事情


フィリピンから来る労働力は、日本国内で需要が高まっており、様々な分野で活躍しています。特に看護や介護の分野では、フィリピン人労働者による支援が不可欠である場合が多く、彼らの専門性と人間性が日本の社会に貢献しています。さらに、ITや技術系の職種でも優秀なフィリピン人技術者が増えており、日本企業の技術力向上に寄与しているのです。こうした背景からフィリピン人の就労ビザの取得件数も増加しており、日本での就労環境はより多国籍化していきます。


日本企業におけるフィリピン人労働者の活躍


多くのフィリピン人労働者は、日本の企業においても積極的な姿勢で業務に取り組むことで知られています。彼らは持ち前のコミュニケーション能力を生かし、職場の雰囲気を明るくすることで他のスタッフのモチベーションアップにも貢献しています。また、フィリピンの文化を理解し、それを尊重することで日本の企業もグローバル化への一歩を踏み出すことができるでしょう。


フィリピン人労働者と人材育成の相乗効果


フィリピンの教育システムは基本的にアメリカ式を採用しており、フィリピン人労働者は基本的なビジネススキルや国際感覚を持っています。このため、フィリピン人を積極的に雇用することは、日本企業の社員教育にも良い影響を与える可能性があります。さらに、日本人社員とフィリピン人社員との交流を通じて、新しいアイデアが生まれるなど、チーム全体の創造力を高める効果も期待できます。フィリピン人労働者の持つエネルギーとポジティブな姿勢は、人材育成においても大きなメリットをもたらすでしょう。


7. フィリピン人雇用の懸念点


 

フィリピン人雇用には様々なメリットがある一方、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。まず、言語の壁が大きな問題になることがあります。たとえフィリピン人が流暢な英語を話すことができても、日本語の能力は限られている場合が多いです。日本の職場では、日常業務の中で日本語が主要なコミュニケーション手段となりますので、この言語の壁は業務の効率を低下させる可能性があります。また、文化的な違いも無視できません。日本とフィリピンでは仕事に対する考え方や働き方に違いがあるため、これらの違いが摩擦や誤解を生む原因となることがあります。しかし、相互の理解と協力を深めることで、これらの課題を乗り越え、両国間の関係強化に寄与できるでしょう。


8.まとめ


 

フィリピンはその豊かな民族と文化を通じて、多様性と魅力を放っています。熱帯気候に恵まれたこの国は、7,000以上の島々から成り、豊かな自然と多様な民族が共存しています。フィリピンの歴史は、スペイン、アメリカ、日本の統治を経て独立へと至る過程で、その文化とアイデンティティが形成されました。多様な言語や宗教が共存し、各民族は独自の文化を保持しています。この多様性から、フィリピン人は多文化環境への適応力が高く、国際的なビジネスでの活躍を後押ししています。また、多くの人が英語を話すことができるため、国際的なコミュニケーションのニーズに応えやすいです。

さらに、フィリピン人はフレンドリーで陽気な性格を持ち、コミュニケーション能力が高く、チームワークを重視する日本の職場環境において良い影響を与えています。真面目に仕事に取り組む姿勢や、学習意欲の高さも高く評価されており、企業に新しい活力をもたらす原動力となるでしょう。





 

GLORY OF BRIDGEでは

今回、解説したフィリピン人をはじめ、各国の優秀な人材を紹介する国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。






閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page