top of page
検索
  • 執筆者の写真GLORY OF BRIDGE

特定技能人材の現状 - インドネシア人 -



インドネシアの特定技能人材の数は年々増加しており、特に技術者や介護などの分野で活躍しています。これらの人材は、日本の労働力不足を補う重要な役割を果たしています。しかし、彼らが直面する課題も少なくありません。言葉の壁や文化の違いを乗り越えること、適切な研修の受講などが挙げられます。これらの課題を克服するためには、日本側からのサポートが必要となります。 今回のコラムでは特定技能人材(インドネシア人)の現状について解説します。


01 インドネシア人の特定技能は増加傾向

 

インドネシア人の特定技能受け入れは、日本の様々な産業で増加傾向にあります。特に上記で述べた介護業をはじめ、建設業、農業などでの需要が高まっており、これに伴いインドネシア人労働者の特定技能受け入れも増加しています。彼らは高いモチベーションと技能を持ち、日本での仕事に対する真摯な姿勢で注目されています。この流れは、両国間の経済協力や人的交流の強化にも一役買っており、日本の経済成長と労働力の安定供給にプラスの影響を与えています。また、インドネシア人労働者の受け入れは、日本とインドネシアの友好関係をさらに強固にし、文化交流や相互理解を促進する重要な役割も果たしています。今後も両国の協力を深め、インドネシア人労働者が日本で安心して働ける環境の整備に努めていくことが重要です。



02 インドネシア人が特定技能として働くには

 

特定技能の試験は、特定の職種や業界における技能や知識を評価するための試験です。日本での労働参加を目指す外国人労働者が、特定の技能を習得したことを証明するために受験します。以下は、一般的な特定技能試験の特徴です。


1.技能試験の種類

  • 技能試験は、特定技能1号や特定技能2号など、受験者の技能レベルや経験に応じて複数の種類があります。

  • 特定技能1号は、習熟度が高い技能を持つ者を対象とし、特定技能2号は一定の技能を持つ者を対象とします。


2.内容

  • 技能試験の内容は、職種や業界によって異なります。一般的には、実務に必要な技能や知識、安全衛生規則などが評価されます。

  • 建設業や製造業では、機械操作や工具の取り扱い、安全衛生に関する知識などが試験の内容として含まれることがあります。


3.日本語能力

  • 技能試験には、一定レベルの日本語能力も求められます。特に特定技能1号の場合は、日本での生活や仕事に必要な基本的な日本語能力が必要です。


4.実技試験と筆記試験

  • 技能試験には、実技試験と筆記試験が含まれることが一般的です。実技試験では実際の作業を行い、技能や技術の実力を評価します。一方、筆記試験では理論や知識に関する問題が出題されます。


5.試験の合格基準

  • 合格基準は試験の種類や業界によって異なりますが、一般的には一定の点数以上を獲得し、実技試験や筆記試験の両方で合格する必要があります。



特定技能試験は、外国人労働者が日本での労働参加に必要な技能を持っていることを証明するための重要なステップです。試験の内容や合格基準については、試験を主催する機関や団体から提供される情報を参考にする必要があります。




03 「特定技能雇用」インドネシア国内で徐々に認知度が上がっている

 

特定技能の認知度は徐々に上がっており、特に農業・漁業・飲食料品製造業などが特に人気だと言う。しかし、試験の回数や開催場所、さらには特定技能人材を取り扱うライセンスの取得や調整など、現状のままでは、日本の期待するような拡大は難しいとも言われています。特に試験回数・開催場所の課題がネックになっている。 例えば、「農業」は毎月のように、ジャカルタ、バンドン、ジョグジャカルタ等各所で開催され、多くの合格者を輩出しており、十分な候補者を確保できています。 一方、「宿泊」は、年2回しか試験が開催されておらず、会場も限られており、ホテル業に従事している優秀な候補者が集まるバリでは年1回のみというのが現状です。同じく「ビルクリーニング」においても、回数・会場ともに最小であるため、残念ながら認知度が低いです。




04 今後の課題

 

インドネシアの特定技能人材の派遣が増加する中、日本政府と企業の役割がより一層重要になってきます。彼らが日本で成功するためには、言語教育、生活サポート、専門的な技術研修といったサポートが必要です。これらのサポートを適切に提供することで、インドネシアからの労働者が日本社会へのよりスムーズな適応を達成し、同時にスキルアップを図ることができます。

さらに、インドネシアの特定技能人材は、一般的に勤勉であり、仕事への熱意が高いと評価されています。このような彼らの特性は、日本の労働市場で求められる要素と一致しており、彼らが日本での成功を確実にしています。

これらの事実を考えると、日本はインドネシアからの特定技能人材の効果的な活用を図り、そのための支援体制を整備することが求められます。このような取り組みは、双方にとって有益な関係を続けるために必要となります。



05 まとめ

 

インドネシア人の特定技能雇用人材は年々増加しており、存在感は増してきています。彼らが日本で仕事を続けるためには、言語教育、生活サポート、専門的な技術研修といったサポートが必要です。政府の取り組みが大切になってくるのはもちろんですが、インドネシア人は日本い良い印象を持っている方が多いので、私たちから歩み寄ることで良好な関係が築けるでしょう。その結果として、双方に利益をもたらすでしょう。


 

GLORY OF BRIDGEでは

今回、解説したようにインドネシア人の紹介はもちろん、各国の優秀な人材を紹介する国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談で貴方の相談に乗ります。






閲覧数:28回0件のコメント

Comentarios


bottom of page