top of page
検索
  • alanaizumi1

特定技能外国人の数は増加の一途をたどるのか?データで読む未来

日本の労働市場において、特定技能外国人の数は増加の一途をたどっています。特定技能制度が導入されて数年、多くの外国人が日本で働き始めました。本記事では、「特定技能外国人の人数推移と現状」や「特定技能外国人の増加背景と影響」、さらに「分野別分析」や「地域別・国籍別のデータ」を基に、今後の見通しを詳しく解説します。これからの労働市場における外国人労働者の役割とは何か、一緒に探っていきましょう。



 

目次




 

1. 特定技能外国人の人数推移と現状

 

特定技能外国人の人数推移と現状を正確に理解することは、日本の労働市場の動向を把握する上で重要です。特定技能制度は、特定の業種で働く外国人労働者を受け入れることを目的にしています。この制度のもとで、多くの外国人が日本で働いています。特定技能外国人労働者の人数推移と現状を知ることで、今後の展望について考察していきましょう。



特定技能とは?制度の基本概要


特定技能とは、日本政府が外国人労働者を受け入れるための制度です。この制度は、特定の分野で一定の技能を持つ外国人が対象です。基本的に、特定技能には「特定技能1号」と「特定技能2号」の二種類が存在します。まず、「特定技能1号」は、特定の産業分野で即戦力となる外国人労働者を受け入れるもので、在留期間は最長5年です。その一方で、「特定技能2号」は、さらに高度な技能を持つ外国人を対象にしており、在留期間に上限がありません。これらの制度は、多様な産業分野での人手不足を補うことを目的としています。また、特定技能の取得には、指定された試験に合格することが必要です。


最新の特定技能外国人の人数


半年に一度発表される出入国在留管理庁のデータによると、特定技能外国人の人数は増加傾向にあります。具体的には、2023年12月末時点での特定技能在留外国人数(速報値)の総数は、208,462人となっています。特定技能外国人の数は、前年と比較して37%以上増加しています。また、2024年2月末の段階では22万人以上に到達し、2024年6月末以降に発表される出入国在留管理庁の最新データもまた前回を上回る予想となっています。


引用:特定技能在留外国人数の推移|出入国在留管理庁


この急増の背景には、国内の人手不足問題があります。また、受け入れ企業側も積極的に特定技能外国人を募集しています。さらに、特定技能資格の取得者も増加しています。このデータから、日本の労働市場において特定技能外国人の存在がますます重要であることがわかります。


外国人労働者に対する政策の影響


外国人労働者に対する政策は、特定技能外国人の増加に大きな影響を与えています。2019年に導入された特定技能制度は、それまでの実習生制度とは異なり、実際の労働力としての活用を前提としています。これにより、外国人労働者がより多くの職業で働けるようになりました。また、政府は周辺のインフラ整備やサポートシステムの強化も行っています。たとえば、日本語教育や生活支援サービスが充実してきています。これにより、外国人労働者が安心して働ける環境が整いつつあります。今後も政策の見直しや改善が進むでしょう。


増加が日本社会に与える影響


特定技能外国人の増加は、日本社会に多大な影響を与えています。まず、労働力不足の解消に役立っています。次に、外国人労働者が地域社会に溶け込むことで、多様性が生まれています。これにより、文化の交流や新しい価値観の共有が進んでいます。しかし、一方で言語や文化の違いが引き金となるトラブルや、労働条件の不平等が懸念されています。こうした課題に対処するため、日本社会全体が連携して取り組む必要があるでしょう。


コロナ禍による影響と後の推移


コロナ禍は、特定技能外国人の増加にも影響を与えました。まず、入国制限により外国人労働者の受け入れが一時的に停滞しました。それにより、一部の産業では労働力不足が深刻化しました。しかし、感染状況が改善し入国制限が緩和されたことで、再び受け入れが進んだのです。この間、日本政府はオンライン支援やリモートでの日本語教育など、新しい支援策を導入しました。今後は、コロナ禍によって得られた教訓を活かしつつ、特定技能外国人の受け入れがさらに進んでいくでしょう。


2. 特定技能外国人の分野別分析

 

特定技能外国人の分野別分析は、日本の労働市場の現状と課題を理解するために欠かせません。特定技能外国人は多様な産業分野で活躍しており、その分布や増加の要因を分析することで、各分野における外国人労働者の役割が見えてきます。以下のデータは、特定技能外国人がどのような分野で働いているかを示しています。


引用:分野別特定技能在留外国人数の推移|出入国在留管理庁


1位:飲食料品製造業


出入国在留管理庁のデータによると、2023年12月末時点での飲食料品製造業の割合が最も多く、61,095人で全体の29.3%でした。

飲食料品製造業の外国人労働者は生産ラインや加工業務などを担当しています。要因は日本の食文化の多様化に伴い、需要が増えていることが一つの要因といえるでしょう。今後、飲食料品製造業のさらなる発展が期待されます。


2位:素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業


次に素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業が40,070人で19.2%でした。この分野に従事する外国人労働者は、日本の技術力を支える重要な役割を持っています。特に高度な技術や専門知識が要求されるため、外国人労働者のスキルが求められます。一方で、技術の伝承や教育にかかる時間とコストも大きな課題です。

また、品質管理や安全対策の面でも高い水準が求められる業界です。特定技能外国人が即戦力として活躍するためには、継続的な教育や訓練が欠かせません。


3位:介護業


介護業界は28,400人で13.6%でした。特定技能外国人は増加する高齢者人口に対して、需要はますます高まっています。現場の業務は肉体的にも精神的にも大変ですが、外国人労働者の熱心な姿勢が評価されています。特に、利用者とのコミュニケーションが重要であり、日本語能力は鍵となります。

介護知識やスキルを身につけるための研修制度も整備されています。また、異なる文化背景を持つ特定技能外国人が、円滑に職場に適応できるようサポートが必要です。職場内での相互理解が深まることで、利用者にも安心感を提供することができます。このような取り組みが、より良いサービス提供につながるでしょう。特定技能外国人の活躍がますます期待されています。


3. 地域別・国籍別の特定技能外国人

 

特定技能外国人は、日本の地域ごとや国籍別に多様化しています。各地域では、特定技能外国人の受け入れが進んでおり、労働力の補完としての役割を果たしています。特に、地方都市では人口減少に対する施策として積極的に取り組まれています。また、国籍別に見ると、特定技能外国人の出身国は特定の国に偏りがちです。この現象は、国家間の協定や労働環境の違いによる影響が大きいためです。実際のデータは以下になります。



都道府県別の外国人受け入れ状況


特定技能外国人の受け入れ状況は、都道府県ごとにばらつきがあります。出入国在留管理庁のデータによると、2023年12月末時点での都道府県別特定技能在留外国人数は愛知県が最も多く17,635人で8.5%でした。次いで大阪府13,278人で6.4%・埼玉県12,402人で5.9%・千葉県12,294人で5.9%・東京都11,365人で5.5%となりました。


引用:都道府県別特定技能在留外国人数の推移|出入国在留管理庁


このように都市部では、外国人労働者の数が多いです。一方で、地方の県では、受け入れ数が少ない傾向にあります。そして、これらの地域差は、産業構造や地域の経済状況、外国人に対する地域の受容態度などによるものです。

東京都では、特に建設業や介護業での需要が高く、外国人労働者が多いです。

一方、大阪府でも同様に、サービス業や製造業で特定技能外国人が幅広く活躍しています。また、愛知県は自動車産業が盛んなため、技術者としての特定技能外国人の比率が高いです。これに対し、地方県では農業や漁業に従事する特定技能外国人が多く、都道府県別に外国人受け入れの特性が異なります。


国籍別の特定技能外国人データ


特定技能外国人の国籍別データを見ると、最も多いのがベトナムで110,648人の53.1%と半分以上を占めています。次いでインドネシアが34,255人で16.4%、フィリピン21,367人で10.2%と続き、特定の国籍に偏っていることがわかります。


引用:国籍・地域別特定技能在留外国人数の推移|出入国在留管理庁


ベトナムからの特定技能外国人が増える背景には、ベトナム国内の経済成長と人材育成の進展が挙げられます。また、フィリピンからの労働者が多い理由は、英語力が高く、医療や介護分野で求められるコミュニケーション能力が高いためです。インドネシアの場合は、農業や漁業、建設業などさまざまな分野での需要があります。


4. 将来の展望と外国人労働者の役割

 

日本では人口減少と高齢化が進行する中、人手不足が深刻化しています。そのため、多くの業界で外国人労働者の受け入れが拡大しつつあります。特に「特定技能外国人」の存在は、日本の経済と社会の活力を維持するために欠かせない要素となります。将来的には、より多くの外国人労働者が活躍し、日本の多文化社会が一層進展するでしょう。



日本社会における外国人労働者の役割


日本社会において、外国人労働者の役割はますます重要になってきました。特に人口減少と高齢化が進む中、多くの産業で労働力が不足しています。このような背景から、外国人労働者の力が欠かせないものとなっています。また、外国人労働者が日本社会にもたらす多様性は文化的な面でも価値があります。異なる背景を持つ人々が共に働くことで、異なる視点や知識が融合し、新たなイノベーションが生まれる可能性があります。これは、日本企業にとっても大きなメリットとなります。さらに、地方自治体や企業が受け入れ体制を整え、外国人が日本で安心して生活できる環境を作ることで、地域社会の活力も向上します。これにより、日本全体の経済成長と社会の持続可能性が期待できるでしょう。


2024年以降の特定技能制度の展望


2024年以降の特定技能制度の展望について、日本政府はさらなる改善と拡充を目指しています。2024年以降の特定技能の受け入れ人数は、政府の閣議決定により2024年3月に特定技能の受入れ見込み数の再設定が行われています。 2024年度から5年間の受け入れ見込み人数を82万人としており、これは以前の2023年度まで設定していた受け入れ見込み数の約2.4倍です。

また、将来的には対応可能な業種のさらなる拡大が見込まれています。これにより、より多くの外国人労働者が様々な分野で活躍することができるでしょう。さらに、政府は外国人労働者の受け入れ環境の整備にも力を入れています。たとえば、労働条件の改善や生活支援サービスの充実などの対策が講じられています。これにより、外国人労働者が日本での生活を円滑に始めることができるでしょう。

今後、特定技能制度の強化と共に、日本社会全体の理解と協力が進むことが期待されます。多様な文化や価値観を尊重し、新たな共生社会を築くことで、2024年以降も日本は外国人労働者にとって魅力的な働き先となり続けるでしょう。



 


GLORY OF BRIDGEは

各国の優秀な人材を紹介する国際人材紹介事業を展開している登録支援機関です。国際人材の採用や管理に関して不安や疑問がある場合は、経験豊富なスタッフが皆様をサポートいたします。また、登録支援機関として職業生活上、日常生活上・社会生活上の支援のサポートも実施しています。


「特定技能外国人労働者の受け入れを検討している」「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談に乗ります。





閲覧数:28回0件のコメント

Commenti


bottom of page