top of page
検索
  • 執筆者の写真樋口 理一

特定技能社員の受入れに関する一時帰国へのサポート金について

更新日:4月5日

建設技能人材機構(JAC)では受け入れ負担金の中から特定技能社員への還元が実施されるようになりました。主な内容としては脱退一時金受け取りの際に航空券代を一部支給したり、CCUS発行手数料を一部還元したりする内容です。

これにより、受け入れする企業側への負担軽減と特定技能社員が日本で働きやすい環境を提供する事を目的としています。





JACが特定技能外国人の受入れの本格化に伴い、彼らが建設業界で長期にわたり活躍するための取り組みを強化しています。同社は、この新たな人材プールのポテンシャルを最大限に引き出すために、支援メニューの拡充に重点を置いています。具体的には、以下の2つの分野に注力しており、特定技能外国人が建設業界において中長期的に貢献できるよう支えていく方針です。


  • 特定技能外国人のスキルアップに資する講習・研修支援

  • 特定技能外国人にとって働きやすい職場づくり支援


「特定技能の受入支援サービス」A4サイズパンフレット 参考:一般社団法人 建設技能人材機構


具体的には以下こ項目で詳しく掲載されています。


  • 負担を軽減「一時帰国支援」 JACが特定技能外国人スタッフの母国への一時帰国に際して、一定額の費用を支援している取り組みを紹介します。この支援は、彼らが日本での長期的な活動を続ける中で、心のバランスを保ち、家族との絆を強化するために非常に重要なものです。

  • CCUS手数料支援 JACが、建設特定技能受入計画の認定要件の一環として、受入企業と1号特定技能外国人が建設キャリアアップシステム(CCUS)に登録する必要がある点に注目し、その負担を軽減するための新しい支援策を導入します。令和5年4月1日から、「CCUS手数料支援」プログラムを開始し、事業者の管理者ID利用料と特定技能外国人の能力評価手数料の支払いをサポートすることで、企業と外国人労働者の双方にメリットをもたらします。この支援は、建設業界における特定技能外国人のスムーズな受け入れとキャリア発展を促進することを目的としています。

  • 無料で学べる「日本語講座」 JACが提供する無料の日本語講座について紹介します。このプログラムは、様々な外国人受講者のニーズやレベルに応じて、豊富なコースラインナップの中から好みに合わせたクラスを選択できる点が特徴です。これにより、学習者一人ひとりの目標や進捗に合わせた柔軟な学習環境が提供されます。JACはこの取り組みを通じて、言語の壁を乗り越え、より多くの外国人が日本社会で活躍できるようサポートしています。

  • 教育訓練支援 JACが、受入企業からの多様なニーズに応えるべく、正会員団体傘下の建設企業及びJAC賛助会員を対象に、幅広い支援事業を提供開始しました。これらの支援には、正会員団体主催の研修や講習などが含まれ、参加希望者には開講スケジュールが決定次第、メールやウェブサイトを通じて情報が提供されます。この取り組みは、建設業界の発展を支える人材育成を強化し、特定技能外国人の受け入れ体制の充実を目指すJACの姿勢を象徴しています。

  • 制度理解を深める「受入れ後講習」 JACが、特定技能外国人の受け入れ後講習を支援する取り組みを行っています。この講習は、建設分野での就労を始める外国人が、受け入れや保護の仕組みを理解し、安心して仕事に取り組めるよう支援することを目的としています。一般財団法人国際建設技能振興機構(FITS)主催で実施され、建設特定技能受入計画の認定を受けた企業は、受け入れ後原則6か月以内に受講を義務付けられています。JACでは、令和5年3月以降実施される講習の受講料(15,400円/人)を全額負担し、受入企業の負担を軽減します。

  • 1号特定技能外国人向け補償制度 JACが、特定技能外国人と受入企業の双方が安心して雇用・就労できる環境を整備するため、「建設分野の1号特定技能外国人向け補償制度」を2024年1月1日より導入します。この制度により、特定技能外国人は福利厚生の充実や働きやすさの向上を期待でき、受入企業は意欲的な人材の雇用と定着を促進できます。この取り組みにより、双方にとってメリットが享受できることが期待されます。

  • Topics JACの事業規模が急速に拡大してきた影響から、機構の活動内容がまだまだ見えにくいという声が寄せられています。この課題に対処するため、会員の皆様により直接的かつ詳細に情報を提供し、より透明性の高い活動を展開することを目的に、ダイレクトメールに加えて、JAC機関誌として『建技人ーKEN GI JINー』を発行することが決定しました。


いかがでしたでしょうか。特定技能の受入れは、外国人労働者と企業の双方にとって大きなチャレンジですが、その挑戦を乗り越えるためのサポートが重要です。私たちの目標は、特定技能外国人が安心して仕事に取り組み、企業が彼らの能力を最大限に活かせる環境を整えることです。JACでは、経験豊富なチームが受入れから定着までを支援し、円滑なコミュニケーションや文化の適応、技術力向上に取り組んでいます。特定技能外国人との共に歩む道のりは、相互理解と協力が不可欠です。これからも、私たちは双方の成長を支え、多様性と共に未来を築いていくことに、最新の事例や情報をご紹介してまいります。

閲覧数:125回0件のコメント

Comments


bottom of page