top of page
検索
  • alanaizumi1

事業家必見!ベトナム労働市場と経済動向まとめ

ベトナムの経済と労働市場は、改革開放政策と安価な労働力により急成長を遂げ、世界的な注目を集め、外国直接投資(FDI)を大幅に増加させています。この状況を背景に、日本の企業にとっても大きなチャンスが訪れています。特に、特定技能ビザを持つベトナム人労働者の受け入れは、日本の人手不足を解消し、企業の国際競争力を強化するための鍵となり得ます。本記事では、ベトナムの経済成長の現状と予測、労働市場の特徴、外国投資の傾向を解析し、特定技能のベトナム人労働者の受け入れが日本企業にもたらすメリットとビジネスへの影響を深掘りしていきます。



1. ベトナムの経済成長の現状と予測

 

近年、ベトナムはアジアの経済発展する国々の中で目立った成長を遂げています。安価な労働力と改革開放政策の実施によって、多くの海外企業がベトナムに投資するようになりました。その結果、国内総生産(GDP)は着実な伸びを見せており、多くの経済学者や事業家が今後の展望に期待を寄せています。



経済成長率の動向とGDP


2023年10月発表のIMF世界経済見通しによるドルベースでの名目GDP推計を参照すると、ベトナムのGDPは世界ランキング34位。また、2024年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比5.66%増となり、ベトナムの経済成長率は過去数年間で世界の中でも高い水準を保っています。特に、製造業や輸出が大きな成長ドライバーとなり、ベトナム経済を牽引してきました。2024年の見通しについて、ベトナム国会は6.0~6.5%の成長率目標を設定しており、経済の持続的な成長を目指しています。一時的な減速を見せることはあっても、長期にわたる堅調な推移を維持しており、国の経済力が拡大していることを示しています。


現行の経済政策とその影響


ベトナム政府は、経済の持続的な発展を促進するため、多方面での改革を進めています。これには貿易の自由化や、投資環境の改善などが含まれます。また、インフラ整備の推進や教育水準の引き上げなどの社会政策も経済成長に貢献しています。これらの政策は、国内外の投資家に信頼感を与え、経済活動を活性化する効果が期待されています。


外国直接投資(FDI)の傾向


外国直接投資(FDI)は、ベトナム経済における重要な要素です。近年、ベトナムは低コストの労働力と優遇された投資環境で、多くの外国企業を引き寄せています。特に製造業への投資が活発であり、電子部品や衣料品の輸出が盛んです。この傾向は、ベトナムが国際分業において中核的な地位を固めつつあることを示しており、今後FDIの流入はさらに増えることが予測されます。


2. ベトナムの労働市場と労働力

 

ベトナム経済における労働市場のポジションは、国が目指す経済発展戦略の中核をなす要素です。労働力の質と量が経済成長のペースを左右するため、ベトナム政府はその量と質の向上に力を入れています。特に、若年層が多い人口構造を背景に、教育と研修を通じて技術レベルの向上に努めることが、今後の労働市場に大きな影響を及ぼすでしょう。また、労働者一人ひとりの生産性向上が求められる中、継続的な研修や能力開発プログラムへの投資も増加しており、企業レベルでの取り組みが益々活発になっている傾向があります。



労働市場の規模と労働生産性の向上


ベトナム労働市場における最も注目すべき点は、労働力人口の拡大と労働生産性の改善です。現在、ベトナムでは若年層が多いことから労働力人口が増加しており、その結果労働市場の規模は拡大傾向にあります。しかし、数量の増加だけではなく、生産性の向上も重要な課題とされています。これに対応するために、政府は職業訓練プログラムの充実や高等教育の質の改善に力を入れています。また、外資系企業の進出による知識や技術の移転も、労働生産性を高める重要な要因となっています。このようにして、労働市場全体の質の向上を目指しているのです。


労働力人口と労働者数の動向


労働力人口とは、働く能力がありながらも失業している人を含んだ、労働市場に参画しているもしくは参画可能な人口のことを指します。ベトナムではこれが毎年増え続けており、労働者の供給力は非常に高まっています。また、労働力率は70%台後半で推移しています。これに対して求人数は対前年同期比で85%・対前四半期比137%となっており、前四半期からは増加しているものの、前年同期からは減少しています。労働力人口が増える中、若年層(15歳〜24歳)の間では失業率が7%台にのぼり、大学を卒業しても就職に困る若者が多いのが現状です。


労働者が対面する問題と課題


ベトナムの労働市場では、技術革新や国際市場への参入といった変化が求められる中で、労働者は多くの問題や課題に直面しています。特に技術的スキルや外国語能力など、新しいスキルの必要性が増していますが、全ての労働者がこれに迅速に適応できるわけではありません。加えて、国内外からの競争圧力が強まる中での雇用の不安定化、低賃金、不公平な労働条件など、労働者が感じるストレスも大きな問題です。これらの問題に対処するための社会保障制度の充実や、労働環境の改善が急務とされています。


労働者の賃金や労働時間


ベトナムでは労働者の平均賃金の低さが国際的にも知られていますが、労働者の生活水準の向上を図るため、最近では最低賃金の引き上げが行われています。2024年第1四半期の労働者の平均月収は、前年第4四半期に比べて30万VND以上あがって760万VND(約45,600万円)に達し、平均年収にすると約55万円になる見込みです。しかし、改善傾向にあるものの、国際的にはまだまだ低いと言えます。また、長時間労働も問題視されており、多くの労働者が法定労働時間をはるかに超える勤務を余儀なくされるケースが報告されています。このような状況が労働者の健康と生活の質に影響を与える懸念もあり、改善を求める声が上がっています。


労働環境の改善と整備


ベトナムの労働環境は、急速な経済成長の一方で、その整備が追いついていない部分も見受けられます。特に労働安全衛生の基準や、育児や介護を必要とする労働者への配慮が不十分な場合があります。企業側には、労働者の安全と健康を確保するための施設投資と教育投資への意識向上が求められています。近年では、社会全体での認識が高まりつつあり、労働環境の改善が経済的にも企業の競争力向上に繋がるという意見が強まっている傾向にあります。


労働者保護に関する法律と政策


ベトナム政府は、労働者の権利保護を目的とした法律や政策を積極的に制定し、実施しています。たとえば、労働法の改正により、雇用条件、労働時間、休日、安全衛生などの基準が定められ、より具体的な規制が設けられるようになりました。これにより、労働者に対する保護が強化され、安定した労働環境の構築に向けた取り組みが進められています。また、政府と企業、労働者代表による三者間での協議も行われており、対話を通じた労働関係の改善へ向けた努力が続けられています。


ベトナム国内での人気の職業


ベトナム国内での人気職業は、その経済成長と産業の多様化によって多岐にわたります。ベトナムで特に需要が高い職業をまとめました。


IT・技術系職業

ITエンジニア、ソフトウェア開発者、ウェブデザイナーなどは、ベトナムの技術革新とデジタル化推進の中心となっています。


製造業

ベトナムは製造業のハブとしての地位を確立しており、特に電子製品、繊維、自動車部品の製造に関連する職種が人気です。


医療関係

医師、看護師、薬剤師などの医療関連職業は、人口の健康意識の高まりと共に需要が増加しています。


観光業

ベトナムは観光業が盛んで、ホテルマネージャー、ツアーガイドなどの職業が根強い人気を誇っています。


販売・営業

市場の拡大と消費者の多様化に対応して、販売員や営業担当者の需要が増えており、特に顧客関係の構築とマーケットの開拓に長けた人材が重宝されています。


経理・財務

ビジネスの透明性と効率性を高めるため、会計士、財務アナリスト、経理担当者などの職種が重要視されています。


3. 特定技能で働くベトナム人が増加する理由

 

ベトナムからの労働者が増え続ける背後には、いくつかの要因があります。まず、ベトナムは若い労働力が豊富で、経済発展に伴い、海外での就業を希望する人々が増えています。さらに、国内の教育制度により高いレベルの基礎能力を持った労働者が育つ一方で、高度なスキルを必要とする仕事が国内で不足している場合もあるのです。また、ベトナム国内での労働環境の問題が改善途中であり、依然として不満を抱える人々が多いのも要因の一つです。それに対して、日本などの先進国では人手不足が深刻化しており、特定技能労働者に対するニーズが高まっています。特に、製造業や医療、介護などの職種での需要は著しく、これがベトナム人労働者の増加に繋がるのです。

ベトナム国にとっては、教育や技能向上の機会が海外で広がっていることも、海外就労を推進している理由です。国際的な経験を積むことで、将来のキャリアアップが期待できるため、ベトナム人は積極的に海外での仕事を追求しています。また、海外から国内への送金額がベトナム経済にとって重要な役割を担っていることから、政府も海外労働者を支援する政策を推進しているのです。一方で、受け入れ国側においても、特定技能のベトナム人労働者は言語能力や適応能力が高いという点で評価されています。これにより、国際間の労働市場のミスマッチ解消という形で、両国間の経済発展が促進されているのです。


4. 特定技能でベトナム人を受け入れる企業のメリット

 

近年、特定技能ビザを通じてベトナムから日本への労働者の受け入れが進んでいます。ベトナム人を採用することによる企業のメリットは大きく、その理由の一つとしては、ベトナム人労働者の高い勤勉性が挙げられます。また、ベトナムの若い労働力は技術習得に積極的で、新しい技術や言語を学ぶ姿勢が非常に良いです。これらの特徴は、企業の生産性向上や国際競争力の強化に大きく寄与すると考えられています。さらに、日本企業がベトナム市場に進出する際の架け橋としても、現地でのビジネスマナーや言語能力を持つベトナム人労働者は重要な役割を果たすことが期待されています。



5. 特定技能でベトナム人を受け入れませんか?

 

特定技能ビザを利用して、ベトナム人の従業員を採用するのはいかがでしょうか。日本において特に人手不足が顕著な建設業や介護業界などで、ベトナムからの労働力はとても魅力的です。特定技能ビザは、日本政府が質の高い外国人労働者の受け入れを目的に設けた新しい在留資格であり、日本で不足する職種に特化した人材を受け入れることを可能にします。加えて、言語やスキルの一定基準をクリアしているため、即戦力となる可能性が高いのです。育成にかかるコストや期間を減らし、企業の成長に直結する人材を確保することが期待できるのではないでしょうか。



特定技能の枠組みと受け入れ体制の整備


日本政府は、特定技能の枠組みを通じて、外国人労働者の質の確保に努めています。この制度では、日本語能力試験や専門技能試験をパスした外国人のみが対象となります。結果、日本語の基本コミュニケーション能力と職種特有のスキルが確認された労働者が日本の労働市場に入ることになります。これにより、企業は言葉の壁や技術面でのギャップを心配することなく、優秀なベトナム人労働者を迎えることが可能です。また、政府は支援機関を通じて外国人受け入れの体制整備を推進しており、企業が外国人を安心して雇用できる環境づくりに注力しています。


効率的な業務運営と文化の多様性


ベトナム人を特定技能で雇用するメリットとして、効率的な業務運営が挙げられます。特定技能ビザを持つ労働者は、それぞれの職種に必要な技能を持っているため、研修期間を大幅に短縮し、迅速に業務に従事してもらえます。さらに、文化の多様性を取り入れることで、企業内のコミュニケーションやアイデアの幅が広がり、創造性豊かな職場環境が生まれやすくなります。ベトナムは若年層が多く、勤勉な国民性を持っているため、活力ある組織作りに寄与することが期待できるでしょう。


ベトナムと日本の経済関係の強化


ベトナム人労働者を受け入れることにより、両国間の経済的な関係がさらに強化されることも見込まれます。経済成長を続けるベトナムと安定した協力関係を築くことで、将来的なビジネスチャンスの創出に繋がる可能性があります。また、日本企業にとっては、ベトナムでのビジネス展開に際して、現地の事情に通じた人材が内部にいることは大きなアドバンテージとなるでしょう。交流が深まることで、両国の文化やビジネス慣習の理解がより進み、スムーズな事業運営が期待できます。


6.まとめ

 

日本の企業にとって、特定技能ビザを通じたベトナム人労働者の受け入れは、ビジネスの新しい可能性を開くチャンスです。ベトナムは急速に発展する経済を背景に、若くて意欲的な労働力を輩出しています。特定技能のベトナム人労働者は、特定の専門技能を有し、日本の人手不足を補う即戦力となり得ます。また、ベトナム人は新しい技術や知識を習得することに熱心で、勤勉な働き手としても知られています。特定技能のベトナム人を受け入れることで、企業は多文化的な視点をも取り入れ、創造性と競争力を高めることができるでしょう。さらに、日本とベトナムの経済関係強化にも寄与し、将来的なビジネス展開における貴重な橋渡し的な役割を担います。ぜひこの機会を通じて、国際的な才能を取り込み、企業の成長戦略を検討してみてはいかがでしょうか。




 


GLORY OF BRIDGEでは

今回、解説したベトナムをはじめ、各国の優秀な人材を紹介する国籍人材紹介事業や登録支援機関としての職業生活上、日常生活上又は社会生活上の支援のサポートを実施します。 「少し話を聞いてみたい」「相談したい」等ありましたら、お気軽にご相談ください。専門スタッフが無料で相談に乗ります。




閲覧数:45回0件のコメント

Comments


bottom of page